小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2064年を大予測!モビリティ企業のイノベーションが「都市の畑」と「移動の未来」を切り拓く

2024.03.13

パラレルミライ20XX「Mobilities―都市の畑と移動の未来―」

これはありそうでない未来を創造するストーリー。

西暦2064年の都市は、かつての駐車場が緑豊かな畑へと変貌を遂げていた。ビルの隙間に広がる野菜畑では、トマトやレタスが青々と育ち、都市農民たちの手によって丁寧に収穫される。かつては車の排気ガスで満ちていた空気も、今では清々しく、新鮮な野菜の香りが漂っている。

道路には、完全自動運転車が静かに行き交い、従来の交通渋滞や騒音は影を潜めていた。人々は、必要に応じて自動運転車、自転車、徒歩など、さまざまな交通手段を使い分けるマルチモーダルな移動を楽しんでいる。車に住む人たちは、車内で野菜を売りながら、移動する家としての快適さを追求していた。

一方、郊外では新たな風が吹いていた。広大な土地に建てられた住宅では家庭菜園が地域社会の結束を強めており、人々は都心での忙しい生活から離れ、ゆったりとした時間を過ごすことに喜びを見出していた。特に自転車での移動が再び人気を博し、自然と触れ合う機会が増えたのだ。

かつて、都心に住むことは多くの人々の憧れであり、その代償として高額な住居費用を支払うのが当然とされていた。しかし、2064年のこの世界では、その常識が覆され、都心では多くの人々が住居としての車を選択し始めた。車に住むことで高い住居費用を回避し、生活費を大幅に削減できるのだ。

車内では、ベッド、キッチン、ワークスペースなど、必要な生活設備がコンパクトにまとめられている。太陽光パネルや再生可能エネルギーを利用した電力供給システムにより、エネルギーも自給自足が可能となった。このような車内生活は都心での高い生活費に悩む人々にとって、新たな解決策のひとつとなり、都心のビル群に囲まれた畑で育てた野菜を、自らの住まいである車で販売する姿は、2064年の都心の風景の一部となっている。

通勤手段はもはや日々の義務ではなく、新たな体験への期待と興奮に満ちた時間へと変貌していた。かつての通勤手段は、混雑した電車や渋滞に巻き込まれるストレスの連続だった。しかし、テクノロジーの進化により、それは過去の話となった。人々は、通勤を通じて日々の移動に刺激と楽しさを求めるようになっていたからだ。

2064年の都市部では、「マイクロ・モビリティ・ハブ」が新たな交通の中心となっており、これは、コンパクトな電動スクーターや電動アシスト自転車、さらには未来的な一人乗り電動カプセルなど、多種多様なマイクロモビリティが集まるステーションである。利用者はアプリを通じて、自分の目的地やその日の気分に合わせて最適な乗り物を選択でき、都市内のあらゆる場所へ簡単にアクセスすることができる。

このシステムは、都市の移動を劇的に変えた。通勤時間は、単調な移動から自分だけの特別な時間へと変わり、たとえば、朝の爽やかな空気を楽しみたい日には電動アシスト自転車を選び、急いでいる日には高速移動が可能な電動カプセルを選ぶなど、その日の気分やニーズに合わせた選択が可能となった。

さらに「マイクロ・モビリティ・ハブ」は、社会的なコミュニケーションの場としての役割も果たしている。2064年の世界では「コミュート・シェアリング・プログラム」といって、同じ方向に向かう人々が一緒に移動することで、通勤中に新たな出会いや情報交換の機会が生まれ、このプログラムはオンラインで参加者を募り、共通の関心事や目的地を持つ人々をマッチングさせることで、通勤の時間をより有意義なものに変え、より持続可能な交通システムの実現に貢献していた。そのほかにも都心の地下には「地下高速トランジット」が整備され、従来の地下鉄や地下トンネルを利用した高速移動が可能となり、地上の交通渋滞の回避につながっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。