小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

災害発生時にXで災害情報を発信したり拡散した経験がある人はどれくらいいる?

2024.03.09

災害発生時、あなたはどこから情報を収集しているだろうか?テレビやラジオ、インターネットという人もいれば、近年はSNSを活用しているという人も多いことだろう。SNSは情報収集するだけではなく、発信や拡散できることも特徴の一つだ。

では実際のところ、どのくらいの人が災害時にSNSでの発信や拡散を行っているのか。

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所はこのほど、「災害時におけるXの利用経験」に関する調査レポートを発表した。

災害時にXで災害情報を発信・拡散した経験がある人は2割

どのくらいの人が、災害時にXで災害情報の発信や拡散をしているのか調査した結果、約2割が実施していることがわかった(図1)。年代別に見ると、若年層ほど発信・拡散した経験は多くなっていた(図2)。

図1. 災害時にXで災害情報を発信・拡散した経験 (n=4,388)

図2. 災害時にXで災害情報を発信・拡散した経験(年代別) (n=4,388)

自身が被災した時にXで発信9.1%

次に被災の有無別で、Xにおける発信・拡散の割合を見ていく。発信に関しては、自身が被災した時に行った場合が多い。拡散については大きな差は見られなかった。

図3. 災害時にXで災害情報を発信・拡散した経験(詳細) (n=4,388)

災害時の災害情報の発信・拡散はXが多い

他のサービスを見ると、発信・拡散した経験があるサービスはXを除いて、いずれも5%未満だった(図4)。

図4. 災害時にSNSで災害情報を発信・拡散した経験

図5. Xの利用状況(年代別) ※参考資料

<調査概要 ―「2023年防災調査」―>
調査方法 Web
調査対象 全国  15~79歳男女
有効回答数 8,991
サンプリング QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付。
調査時期 2023年11月

出典元:NTTドコモ モバイル社会研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。