小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タイトル長っ!つぶやきシローさんの15年にわたる〝つぶやき〟が書籍になって発売

2024.03.05

2009年9月から現在に至るまで、約15年もの間、毎日のようにX(旧Twitter)で「あるある」ネタを投稿し続けているつぶやきシロー氏。フォロワーは増え続け、約100万(98万6802人※2024年2月1日時点)に到達するほどの人気となっている。今回、Xに投稿された「つぶやき」の中から、本人が自信作をセレクト。こちらをまとめた書籍が発売された。タイトルは、『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』。

『リモコンの電池を換えてて、ちょっとでもテレビに気を取られると、あれ?新しい電池どっちだっけってなるね。』

Amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

選りすぐりの傑作つぶやきを厳選

日常の中で見つけた、ちょっとした「あるある」を切り取るつぶやき氏の、独特の視点が多くの人々の共感を集めているが、本著では、「あるある」の中にある、ちょっと哲学的(?) な、165の作品をまとめて収録。さらに、Xに投稿した作品に加え、本書では「追いつぶやき」と称し、ひと言、追記しており、こちらもひと言ひと言が見逃せない内容となっている。

PROFILE■つぶやきシロー
1971年、栃木県出身。1994年、ピン芸人としてデビュー。栃木訛りで繰り出す「あるある」ネタが受けブレークする。小説『イカと醤油』(宝島社)、『私はいったい、何と闘っているのか』(小学館)は、2022年に映画化もされた。ほか、『こんな人いるよねぇ~』(自由国民社)、『3月生まれあるある』(さくら舎)、絵本『つぶやき隊』(TOブックス)など出版している。本書のもととなっているXでのPOSTは、2009年9月から投稿。フォロワーは100万人ぎみ。

デザインはブックデザイナーの祖父江慎氏が担当

今回、つぶやきシロー氏独自の世界観を表右するため、ブックデザイナーの祖父江 慎氏を起用。常識の枠にとらわれない、編集担当も困惑したという、特殊な文字組みもこの本の魅力となっている。

PROFILE■祖父江 慎
1959年、愛知県生まれ。コズフィッシュ代表。多摩美術大学グラフィックデザイン科を中退後、グラフィックデザイナー、アート・ディレクターとして活躍。印刷されたものに並はずれた「うっとり力」をブックデザインに注いでいる。スヌーピーミュージアム東京、ミッフィー展ほかの展覧会グラフィック、グッズデザインでも力を発揮する。

祖父江氏がデザインしたページがこちら。ユニークなレイアウトで読者を楽しませてくれる。

ホリプロ社内にある電池をかき集めて撮影した表紙の写真。
独創的な2人のコラボレーションによって生まれたデザインを見てあなたなら何をつぶやく?

何気ない日常の“あるある”を絶妙、かつ端的に表現しているつぶやきシローさんのPOSTは、なぜか読んでいるだけで気持ちがほっこりする。何度も、何回でも、読み返したくなる、不思議な一冊。ぜひ、一度手に取っていただき、クスッと笑ってみていただきたい。

文/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。