小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

主題歌はVaundy!「映画ドラえもん のび太の地球交響楽」のスペシャルPVが話題

2024.03.03

映画第1作目が公開された1980年から今回で43作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。藤子・F・不二雄先生の生誕90周年でも今年の作品『映画ドラえもん のび太の地球(ちきゅう)交響楽(シンフォニー)』が2024年3月1日に劇場公開された。

映画シリーズで初めて“音楽”という身近なものをテーマに、地球の危機を救うためにドラえもんとのび太たちがさまざまな仲間と出会って、“音楽”を通じて心を通わせる壮大な大冒険のストーリーになっている。

ゲスト声優には、吉川晃司、石丸幹二、『映画ドラえもん』の声優初挑戦となる芳根京子、『映画ドラえもん』で声優デビューを果たしたお笑いコンビ・かが屋などが参加。主題歌は、令和を牽引するアーティストVaundyが今作のために書き下ろした主題歌『タイムパラドックス』という豪華布陣だ。

主題歌の『タイムパラドックス』は、Vaundy初のアニメ映画主題歌で、ポップなメロディにあわせて歌詞の中にはドラえもんを連想させる「ポケット」や「未来」という歌詞も登場する。楽曲が今年1月先行配信されると、「やさしくて心あたたまる!」、「ドラえもんの世界観にぴったり」と話題になり、2月24日にはVaundy本人が監督を務めたMVも公開された。映画公開前の2月28日にはCDがリリースされて、楽曲の注目度も高まっている。

『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』のスペシャルPV~Vaundy主題歌Ver.~が解禁!

映画直前に公開されたのが、主題歌『タイムパラドックス』にのせながら、リコーダーが苦手なのび太がミッカやチャペックと出会い、音楽の楽しさに気付いていく様子が描かれるスペシャルPV。ドラえもんたちが楽しく演奏している姿や音楽の世界での冒険の様子など、解禁されていなかった本編映像も含んだ映像になっている。映画と合わせて、こちらもチェックしよう!

『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』スペシャルPV~Vaundy主題歌Ver.~

『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』ストーリー

学校の音楽会に向けて、苦手なリコーダーの練習をするのび太の前に、不思議な少女・ミッカが現れる。ミッカは、のび太の吹くのんびりのんきな「の」の音を気に入り、音楽がエネルギーになる惑星で作られた“音楽【ファーレ】の殿堂”にドラえもんたちを招き入れる。じつはミッカは、この殿堂を救うために、一緒に演奏をする音楽の達人【ヴィルトゥオーゾ】を探していたのだった。のび太たちは、ひみつ道具「音楽家ライセンス」を使って楽器を選び、ミッカと演奏して少しずつ殿堂を復活させていくが、世界から音楽を消してしまう不気味な生命体も迫っていた……。“音楽の未来”と地球を救うために冒険が始まる!

■公開日:2024年3月1日
■原作:藤子・F・不二雄
■監督:今井一暁
■脚本:内海照子
■音楽:服部隆之
■キャスト:ドラえもん:水田わさび、のび太:大原めぐみ、しずか:かかずゆみ、ジャイアン:木村昴、スネ夫:関智一
ミッカ:平野莉亜菜、チャペック:菊池こころ、タキレン:チョー、モーツェル:田村睦心
演歌のおじいちゃん:賀屋壮也(かが屋)
漫才師/バンドメンバー:加賀翔(かが屋)、賀屋壮也(かが屋)
ミーナ:芳根京子
ワークナー:石丸幹二
マエストロヴェントー:吉川晃司
■主題歌:Vaundy『タイムパラドックス』

https://doraeiga.com/2024/

構成/KUMU

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。