小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夏商戦が早まる?今年の春夏の天気予報から読み解く小売業界の動向

2024.03.03

長かった冬が間もなく終わろうとしている。ここから季節は春、夏へと移り変わっていくわけだが、今年の春夏の気温は平年と比べて高いのか、それとも低いのか。また、それによって春夏の小売需要はどのような傾向が予想されるのだろうか。

ウェザーニューズはこのほど、3〜8月の長期見解と、天気傾向から商品の売れ行きを予想した「春夏の小売需要傾向2024」を発表した。

春夏の気象見解

春(3〜5月)はエルニーニョ現象や地球温暖化の影響で、地球全体で大気の温度が高くなる見込み。加えて、偏西風が日本付近で平年より北よりを流れる傾向のため、南からの暖気が入りやすくなる。このため、春の気温は全国的に平年よりやや高い〜高い予想で、暖かい春になりそうだ。

夏(6〜8月)も地球温暖化の影響で、北半球全体の気温が高い状況が継続し、気温が高くなりやすい状態が続く。また、インド洋の海面水温が高い状態が続く(1)。この影響で、夏の前半までは南シナ海~フィリピン近海で高気圧が発生しやすく、対流活動が不活発な状態が続いて(2)、太平洋高気圧の西(沖縄方面)への張り出しが強まる傾向(3)。さらに、夏の後半にはラニーニャ現象が発生する可能性があり(4)、南シナ海を中心に次第に対流活動が活発化することで(5)、太平洋高気圧の北への張り出しが強まる見込みだ(6)。

これらの影響で全国の気温は平年よりやや高い〜高く、また、梅雨明け以降は晴れて暑い日が多くなる予想。なお、チベット高気圧の張り出しは平年よりも弱い傾向なので、太平洋高気圧と重なってダブル高気圧となる頻度は低い予想だが、張り出しが強まるタイミングでは猛暑に注意が必要だ。

3〜8月の降水量は、北〜西日本で平年並〜多い、九州南部と沖縄・奄美は平年より多い予想。3月は冬型の気圧配置になることはあるものの長くは続かず、東日本や西日本を中心に前線や低気圧の影響を受けやすい時期がありそうだ。

4月と5月の天気は数日周期で変化するが、4月は東〜西日本では曇りや雨の日が多く、5月は北〜西日本で晴れる日が多くなりそう。ただし、4月は発達した低気圧の影響を受けて春の嵐になる可能性もあり、4〜5月は上空の寒気による突発的な雷雨に注意が必要だ。

夏は期間を通してチベット高気圧の北への張り出しが弱く、偏西風は平年より南を流れる見込み。さらに、太平洋高気圧の張り出しが西よりに強まることで、暖かく湿った空気が流れ込みやすくなる。このため、梅雨の総雨量は全国的に平年並〜多くなりそうだ。

梅雨入りは沖縄で平年並、その他の地域は平年より遅い傾向。梅雨末期の大雨や8月の北日本(日本海側)中心の大雨に備えてほしい。また、梅雨明け後は東〜西日本は突発的な雷雨、沖縄は台風による暴風雨にご注意を。

春夏の小売需要傾向2024

ウェザーニューズ流通気象チームの気象データアナリストは、過去の5〜8月のGoogle検索数の傾向と気象データの関係を分析し、今夏の気温傾向をもとに季節商品が注目される時期を予想した。今春は早い時期から気温が高いと予想されることから、コールド商品や日焼け対策グッズなどの春夏商品は、春のはじめから需要が高まりそうだ。

また、夏にかけて気温が高い状況が続くことから、クール素材の夏服や接触冷感を使った商品から、かき氷や冷やし麺など冷たい食べ物、スポーツドリンクや経口補水液などの熱中症対策商品や、制汗剤や防虫用品、扇風機などの家電用品まで、様々な分野の夏物の季節商品の需要が例年よりも早くから高まりそうだ。加えて、梅雨の雨量は平年並〜多い傾向で、梅雨明け後の突発的な雷雨も多い可能性があるため、雨具の需要増も期待できそうだ。

今年の春~夏にかけての東日本の気温傾向は2022年と似ている。2022年の夏物商品のGoogle検索数の傾向を見てみると、「クールインナー」は、最も気温が高くなった6月下旬~7月頭に検索数が一番の山となっているが、その前の5月上旬や5月下旬~6月頭でも検索数が大きく伸びているのがわかる。「制汗剤」の検索数も似たような傾向で、7日間の平均最高気温が最も高くなる時期までは気温の上昇に伴い、検索数が上昇している。

今年も春から平年より高い気温となる予想のため、2022年のように5月や6月早々に夏服の需要が伸びる可能性がある。

また、「虫刺され」や「コバエ」などの検索数も気温に応じて多くなる。2022年は、6月下旬から8月下旬まで検索数は多い状態が続いたが、クールインナーや制汗剤と同じく5月上旬や5月下旬~6月頭でも気温が上がり注目度も上がっている。今年も本格的な夏となる前から、虫よけ、防虫への関心度、需要が高まりそうだ。

一方で、「かき氷」は、本格的な夏の暑さになると検索数がぐっと増えている。その後も、8月の終わりにかけて注目度は高い状態が続いている。他の商品と少し傾向は異なり、春や初夏の暖かさではあまり検索数は増えないが、梅雨明けなど真夏の到来とともに需要が高まり、残暑によって需要の高止まりが続く傾向がありそう。今年も8月の終わりにかけて気温の高い状態が続く見込みで、かき氷の人気も長く続きそうだ。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。