小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

誰もが通る道!?尿もれを経験したことがある人はどれくらいいる?

2024.03.06

大人になると、身体のちょっとした不具合で「自分ももう若くはないのかな…」と感じる瞬間がある。たとえば、駅の階段で息切れした時や腰を痛めた時などがそれにあたるだろう。

あるいは、「尿もれ」してしまった時に我が身の衰えを感じる人もいるかもしれない。

そんな「尿もれ」に関する実態調査がこのほど、プラネットにより、4,000人を対象にして実施された。

3割が “尿もれ経験者”、女性60代以上は4割超に

尿もれ経験の有無をたずねたところ(図表1)、「ある」と答えた人は30.5%だった。男女別では、男性27.5%に対し女性は33.5%と、女性が6ポイント上回った。

性年代別では、男女とも年代が上がるほどに経験者の比率は上昇するが、その程度には差が。女性は40代で尿もれ経験者が3割を超え、60代で41.1%、70代以上では48.0%と半数近くにのぼる。

かたや男性では40代までは2割未満にとどまるが、60代以上で3割超に。さらに20代を除く全年代で女性が男性を上回っており、特に30代以降ではその差は10ポイント前後をキープしている。これらから、女性は男性に比べて低い年代から尿もれに悩む人が多いということがうかがえる。

尿もれの原因については(図表2)、「加齢」が81.2%とダントツ、これに「運動不足」(23.1%)が続く。ここまでは男女共通だが、3位は男性「仕事のストレス」、女性「出産」と分かれた。

図表1の表で、女性のうち “出産経験あり” の人の尿もれ経験率は43.6%と、“経験なし” より22.8ポイントも高いことからも、出産と尿もれには相関性がありそうだ。

次に尿もれの頻度をたずねた(図表3)。最多は31.9%の「週1回以上」、これに「月1回以上」(29.0%)が続き、「毎日」という人も9.0%いた。

尿もれ経験者の7割が月に1回以上 “ちょいモレ” していることになり、悩んでいる人は多いようだ。

男女別で見ると、月に1回以上の合計は男性72.9%に対して女性67.5%と、頻度としては男性のほうが多い傾向にあるようだ。

男女間で “ちょいモレ” のタイミングに大きな差が…!

尿もれしてしまうタイミングを見ていく(図表4)。46.4%と最も多くの人が挙げたのが「トイレを我慢したとき」。

外出先や自動車を運転中にトイレがなかなか見つからない…など、ピンチを迎えた経験は誰しもあることだろう。これに続いたのが「せきやくしゃみをしたとき」(38.5%)、「排尿した後」(25.4%)、「急いで用を足したとき」(21.8%)となった。

男女別のベスト3は、男性が「トイレを我慢したとき」「排尿した後」「急いで用を足したとき」、女性は「せきやくしゃみをしたとき」「トイレを我慢したとき」「重いものを持ち上げたとき」となった。

“ちょいモレ” すると、バツの悪さを感じる以外にも、さまざまなことが気になるだろう。気になる・心配になることをたずねた結果が図表5だ。

58.4%と半数以上が挙げたのが「下着のシミ」。外見ではわからなくても、秘かに気にしている人は多いようだ。以下、「においによる不快感・不安感」(42.6%)、「年齢を感じる」(40.1%)と続く。

男女別では、1~5位は男女とも同じ項目が揃うが、気になる度合いには差が見受けられる。女性2位・男性3位の「においによる不快感・不安感」と、女性6位・男性9位の「蒸れによるかぶれ・不快感」が各13.9ポイント・10.3ポイント差で女性が高値に。女性は不快・不安といった身体的な感覚面や衛生面が気になる傾向にあるようだ。

一方で男性が11.9ポイント上回ったのが「衣服のシミ」。図表4でトイレ関連のタイミングでの尿もれが多い傾向があることから、トイレで “失敗” したときに服にシミができてしまうことが多いからかもしれない。

「かっこ悪い気分になる」も7.9ポイント男性が上回るなど、男性は周囲の目が気になりがちなようだ。

女性は、尿もれ対策品使用に抵抗感が少ない?

尿もれの対策として、市販の尿もれパッド・シート、防水パンツなどを使用する方法もある。だが、そもそもこうした対策品を知らない人や、「かっこ悪い」「そこまで深刻ではない」などの理由で使うのをためらう人も一定数いると思われる。

そこで、尿もれ対策品の認知度と使用経験をたずねた結果が図表6だ(尿もれ経験がない人も、自分が尿もれをした場合を想定して回答)。

最も多かったのが「知らないし、使おうとも思わない」(43.9%)、次いで「知っているが、使おうとは思わない」(28.0%)となり、対策品の認知の如何にかかわらず「使わない」という人が7割を占めた。

一方で、認知の如何を問わずに対策品を「使ったことがある」や「使ってみたい」と “ポジティブ” な意向を示している人は27.0%だった。

男女別では男性19.6%、女性34.4%と、女性が14.8ポイント上回っている。特に、女性40代以降は軒並み3割を超え、70代以上では46.7%と半数近くに達した。

衛生用品を使う機会が多い女性は、男性と比べて尿もれ対策品を使うことに抵抗感が少ないのかもしれない。

対策品を使う以外では “早め早めのトイレ”

男性を中心に尿もれ対策品の使用に抵抗感のある人が多いなか、どういった尿もれ対策を施しているのかも気になるところ。そこで、具体的な対策方法をきいた結果が図表7だ。

ダントツだったのが「早めにトイレに行く」(41.6%)、以下、「おりものシートを使う」(22.2%)、「骨盤底筋運動などの運動」(16.9%)、「ティッシュやトイレットペーパーを使う」(13.6%)、「生理用品を使う」(12.8%)と続いた。シミが目立たないよう「濃い色や柄物の服を着る」、トイレが近くならないよう「水分摂取を極力控える」といった努力をしている人もそれぞれ1割強いた。

ここでも男女差が鮮明に。女性は当然ながらおりものシートや生理用品を使う人が多かった。男性では、「早めにトイレに行く」に次いで多かったのが「特に対策はしていない」(37.3%)で、女性より18.8ポイント高かった。

“誰もが通る道” だから…

最後に、尿もれの悩みや対策などについて自由回答で教えてもらった。初めて尿もれを経験した時のショック、恥ずかしさは老若男女共通のもの。

対策品のほか、自らの経験や得られた情報をもとに、それぞれ“ちょいモレ”に対応していることもわかった。

高齢になるほどに尿もれの症状が出る人が増えることからも、 “誰もが通る道” と、寛容さを求める声や、若者が使いやすい尿もれ対策グッズを要望する声も寄せられた。

■尿もれについて思うこと、悩んでいること、対策で効果があったものなど

【各年代、悩みを抱えています】

・出産してから、ちょっとしたことでお腹に少しだけ腹圧がかかった時に尿漏れをすることが増え、吸水ショーツを持ち歩くようになった。知らない場所に行く時は事前にトイレの場所を把握するように。(女性・20代)

・笑った時に尿漏れしてしまったことがある。(男性・20代)

・クシャミをした時に少し漏れた時はさすがにショックでした。ゆるくなったなと思って。(女性・30代)

・運動不足解消にとコロナ禍ではじめた縄跳び。100回目指していたら、途中尿漏れ。あの衝撃、焦り、恥ずかしさは忘れられない。翌日は直前にトイレを済ませるも同じ結果。以来、縄跳びはやめました。(女性・40代)

・くしゃみや咳で尿が漏れてしまうなんて、加齢を突き付けられたようでちょっと悲しかった。(女性・60代)

・お酒を飲んだ帰りは急に尿が出そうになり、トイレに間に合わずに尿漏れしてしまうときがある。(男性・60代)

・突然という感じで尿漏れが来るので、いつも緊張していないといけない。恥ずかしい気持ちが強くて誰にも相談できないのが悲しい。(女性・70代以上)

【“ちょいモレ”に、こんな対策】

・予め尿漏れ用のシートを使うなど、準備ができていると安心から気持ちにゆとりができて良い。(女性・30代)

・常に吸水ケア商品を使用している。急に尿意を感じて間に合わず漏れるタイプなので、外出時は気が気ではない。トイレがあるたびに(その時は尿意がなくても)立ち寄って済ますようにしている。(女性・40代)

・お風呂で毎日、骨盤底筋運動をするようにして、早めにトイレに行くようにしてからは、ほとんど起こらない。(女性・50代)

・もれると恥ずかしいので、トイレに行くたびにトイレットペーパーを下着に挟む。(女性・50代)

・妊娠後期からくしゃみをしたときに尿漏れすることがたまにある。くしゃみをするときは尿漏れしないように下半身に力を入れて防いでいる。(女性・50代)

・排尿中にいったん止めて再開すると、何かがリセットされるのか出なくなるケースが多くなることをテレビで知って実践している。ある程度効果があるので、それ以来ずっと意識している。(男性・50代)

・立って用を足すと残ってしまうので、座って時間をかけて絞り出して漏れを防いでいる。(男性・70代以上)

・たまにズボンがしみになることがある。だから、濃い目の色のズボンが多い。(男性・70代以上)

【暖かく見守って…!】

・30代の娘の友人たちが産後の尿漏れに悩んでいると聞いて、尿漏れは高齢者の問題ではないのだと気付かされました。(女性・60代)

・出産経験ある人は結構経験する事態と思うが、まだまだカミングアウトしにくい。もう少し言い出しやすい世の中になってほしい。(女性・60代)

・高齢になると誰でも経験するようになると思います。他人の失敗をさりげなく助けてあげられるといいなと思います。(女性・70代以上)

・老人と接している時には、トイレのタイミングなど常時気にかけている。(男性・50代)

・衣類の色や下着の厚みを気にせずに手軽に使える若者向け商品があれば、敷居が下がると思う。(女性・50代)

<調査概要>
調査機関:株式会社プラネットによる調査企画をもとに、株式会社ネオマーケティングにて「尿もれ」に関する意識調査を実施。
期間:2023年12月21日~25日、インターネットで4,000人から回答を得ている。

出典元:株式会社プラネット

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。