小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IT業界関係者の8割が「2024年も生成AIのトレンドは継続」と予測

2024.02.28PR

ソフトウェアテストをメインとした品質向上支援サービスを提供するバルテス・ホールディングスは、同社が運営するメディア「Qbook」にて、IT関連の業務に従事する人を対象とした「2024年に話題になりそうな技術革新についてのアンケート調査」を実施。先日、その結果を発表した。

2024年に話題になりそうな技術革新・トレンド予想

最も多かった回答が「生成AI」で78件。続いて、「自動運転」が37件、「メタバース/VR」・「ロボット技術」が20件、「医療IT」が19件、「宇宙ビジネス/衛星通信」が15件、「情報通信技術(6G、ほか)」が14件、「EV」・「ドローン技術」が12件で続いた。

以下、項目別に回答理由を紹介する。

■最も多かった回答は「生成AI」

・技術革新が目覚ましく、実業務で活用できるソリューションが多数見受けられるため
・生成AIを用いたフェイク動画がさらに発展して自走しそう
・2023年、ChatGPTの登場で急速にAI関連ビジネスが登場した。初期1年間は定着する段階と考えられ、2024年から本格的なaiの時代になりそう
・生成AIは利用ハードルが下がり商業化につながる過渡期であると考えたため

■レベル4が解禁された「自動運転」

・実際に自動運転の車が公共タクシーとして試用されるというニュースを見たから
・自動車の目に当たる機能が大幅に向上し、レベル4が見えてくるのではないかと思う
・政府が2024年度に新東名高速道路に自動運転専用レーン設置すると発表したから
・人の運転による交通事故を減らせること、高齢者の免許返納促進に期待が持てることから

■商業利用が発展しそう「メタバース/VR/XR」

・3Dによる地図(マップ)の自動生成が出来るのではないかと想定しています
・メタバースはそろそろ爆発的なヒットが出ると思う
・メタバースは商業向けに発展していくと感じたから

サプライチェーン効率化の鍵「ロボット技術」
・ロボット技術は、研究開発の域を越えて、実社会での導入拡大が広がっており、そのなかで出てきた課題を基に、より具体的な技術革新が進むのではと思ったため
・ロボットを用いてサプライチェーンの効率化が図られると考える。倉庫業界はAmazonの模倣をするのでは

「医療 ✕ IT」の融合が進むと予測
・高齢化が進み、ヘルスケアデータを基にAIがアドバイスをするなどの需要がありそうだから
・生成AIによる顧客/対応が早くなり、医療施設のIT DXがますます早く進むと思う
・医療×ITは色々な分野で進んでいるが、リモート診断関連の発展があると思う

一般にも伝わる領域に?「宇宙ビジネス/衛星通信」
・日本の震災で衛星間のネットワークの必要性を実感した
・宇宙ビジネスはいろいろ技術が進歩しているので、そろそろ一般の人にも伝わるような「革新」が起きることを期待しています
・未知の領域があり、可能性がたくさんありそう。比較的競合が少ないため、火が付くと早そう

AI技術の発展に伴い通信量が増加「情報通信技術(6G、ほか)」
・既に技術として6Gは出ていますが、一般スマホの6G化普及が来ると予想しています
・AI技術によるメガビッグデータ処理を必要としそうで、更なる革新が起こりそう

シェア拡大の課題はインフラ設備か 「EV」
・欧米に続いて日本でも消費者の関心が高まりつつあり、社会インフラ整備の進捗も含めて、今年は実感できるレベルの大きな変化があると予想

■物流や災害対策への活用に期待「ドローン技術」

・映像の撮影だけでなく、部分的には配送などにも広がっていくなどするのではないかと思っています
・日本では法律で制限をかけていますが、他の国への物流配達や、ゲームや、映像等使用されているので、2024年も何か新しい用途が発見されるのではないでしょうか。楽しみにしています
・災害対策への機運が高まるのではないかと

消費電力問題の解決に期待「量子コンピューティング」
・スパコン、データセンター等の消費電力問題の解決を期待
・量子コンピューティングは使用事例がどんどん出てくることを期待しています

日本発の技術で革命?「NFT/暗号通貨/ブロックチェーン」
・日本発のブロックチェーン革命が期待できると何かで読んだことがあるから
・新NISA開始によって投資に関心を持つ層が増加。そのうえで投資対象が広まるのではないかと考えます

行政含む利便性が向上「ガバメントクラウド」
・生成AIを使った技術が発展し、行政含め利便性が向上していくと予想したため

調査概要
調査方法/「Qbook」でのWEBアンケート
調査対象者/IT関連の仕事に従事する人
調査機関/自社調査
有効回答数/101名
調査日/2024年1月19日~2024年2月4日

関連情報
https://www.valtes-hd.co.jp/

構成/清水眞希

DIME最新号の特集は「AI仕事術」企画書10分、プレゼン1分、議事録0.5秒で完成する超実践的なAIの活用法

AIはいよいよ社会に実装されていくフェーズに。話題のマイクロソフト「Copilot」など今すぐ使えるAIの実践的活用法をシーン別にまとめています。実は今回は表紙もAIに作ってもらいました。2024年のアップデートはまずはここから。そのほかにも役立つ情報が満載の4月号、是非チェックしてみてください。

***********************
DIME2024年4月号

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】
**********************

特集 1  企画書 プレゼン メール スケジュール管理ほか
「タイパが爆上がりするAI仕事術

「インターネット出現以来の産業革命」、そう言われたChatGPTの登場から1年。
生成AIは今なお進化を続けている。さらに昨年末に発表された「Copilot for Microsoft 365」では「Word」「Excel」などビジネスパーソン必須の
OfficeアプリにまでAIが実装された。
今後、生成AIを使いこなせるかどうかで、仕事の効率は天と地ほどの差が生まれるはずだ。来たる〝AI時代〟で一歩先を行く実践的な活用法をシーン別に細かく解説!

特集 2 作業効率が激変!
「AI時代の最新PC 32」

AIプロセッサー「NPU」を搭載し、幅広いビジネスシーンをアシストしてくれる〝AI PC〟が登場し始めた。
今春買い替えるべき最新PCを一挙紹介!

特集 3 DIME読者とマンガ好き10名が選んだ仕事に効く56冊!
「ビジネスパーソンが読むべきマンガ大賞」

マンガは単なるエンターテインメントではなく、現代のビジネスパーソンにとって新たな教科書ともいえる存在だ。
ドラマチックなストーリーを通じて、職場で直面する様々な課題や、人間関係の機微、成功への道のりのヒントを与えてくれる。

今回の特集ではマクアケ・中山社長、安芸高田市・石丸市長、沢口愛華さん、斎藤佑樹さん、神田伯山さん、モグライダー・芝 大輔さん、映像ディレクター 高橋弘樹さん、ベンチャー投資家・朝倉祐介さん、プロゲーマー翔さん、株式投資家テスタさんなどマンガ好き10名とDIME読者により仕事に効く56冊を選出してもらった!

<新連載> 気になるあの人の“働く主義”に迫る「ハタラキズム」 第一回 芳根京子さん

俳優としての10年のキャリアを重ねてきた彼女が抱く
〝働くうえでの主義=ハタラキズム〞とは?

BUSINESS HACKS  DIME初のビジネスカンファレンス開催!「DIME Business Trend Summitで語られた未来を創る6つのヒント」

全ビジネスマン必見!ほかでは絶対に聞けない門外不出の貴重な話が聞ける「DIME Business Trend Summit」のアーカイブ動画が配信中!

※アーカイブ配信はコチラからご覧いただけます。

「DIME Business Trend Summit」アーカイブ動画配信中!糸井重里さんなどビジネスの第一線で活躍する著名人が多数登壇

2024年1月24日に開催されたDIME主催のビジネスカンファレンス「DIME Business Trend Summit」。 ビジネスの第一線で活躍する著名人…

HEALTH HACKS  お酒、喫煙、ギャンブル、SNS、ムダ使い……etc.「やめたくてもやめられない『ゾンビ習慣の撃退法

BUSINESS HACKS 警察庁から映画業界へ「異色の経歴を持つCEOが語る〝異世界転職〟できた理由」

TOP LEADER INTERVIEW 株式会社タイミー 代表取締役 小川 嶺氏世の中の当たり前を疑うことからイノベーションが起きる」

DIME最新号、絶賛発売中!

***********************
DIME2024年4月号

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】
***********************

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。