小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証

2024.02.29

今、ホンダ車で大きな話題になっているのが、3月22日に発売予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV、Z世代にもアピールしたいという、インドで生産され逆輸入されるWR-Vだ。特徴的なのは、駆動方式がFFのみ。パワーユニットも4気筒1・5L NAのガソリンエンジンのみということだ。

現時点でのホンダSUVのラインナップは、発売順ではヴェゼル(FF/4WD、e:HEV/ガソリン)、以前のCR-VのポジショニングをカバーするZR-V(FF/4WD、e:HEV/ガソリン)の2モデル。ならば、WR-Vはヴェゼルの下位に位置づけられるさらなるコンパクトモデル(トヨタ・ライズやダイハツ・ロッキーなどのポジション)かと思いきや、その寸法を確認すると、なんとヴェゼルと大きく違わない。

ホンダ・ヴェゼルG

ホンダZR-V

まず、基本プラットフォームをヴェゼルから受け継ぐWR-Vとヴェゼルのボディサイズ、ホイールベースを比較してみると、WR-Vは全長4325×全幅1790×全高1650mm、ホイールベースはBセグメントSUV最大級の2650mm。一方、ヴェゼルは全長4330×全幅1790×全高1590mm、ホイールベース2610mmとなる。

ホンダ・ヴェゼルG

つまり、WR-Vはヴェゼルに対して全長が5mm短いだけで、全幅は同じ。そして注目すべきはホイールベースがヴェゼルより長く、全高もWR-Vのほうが60mm高いこと。そして最低地上高がWR-Vは195mm。ヴェゼルはFFが185mm、4WDが170mmとなり、最低地上高に関しても、FFのみながらWR-Vのほうが余裕があることになる。

WR-Vがガソリン車のみということで、ヴェゼルGのガソリンFFモデルと車重、燃費性能を比較すると、車重はWR-Vがグレードにより1210~1230kg。ヴェゼルG(ガソリン車)のFFは1250kgとやや重い。しかし、両車のWLTCモード燃費はWR-Vがグレードにより16.2~16.4km/L、ヴェゼルGが17.0km/Lと、ヴェゼルが僅差で上回る。これは車高の高さの違いによる空気抵抗の差もあるだろう。

ホンダWR-V

両車はSUVとしてのキャラクターも異なる。全高の低さやスタイリッシュさが強調され、土の臭いがしないキャラクターなのがヴェゼルであり、WR-Vは全高や最低地上高、アンダーガードやサイドアンダープロテクターを目立たせていることからも、よりクロカン的なデザインを用いた、リーズナブルなスタート価格(209.88万円~248.93万円)もまた売りのコンパクトクロスオーバーSUV。ヴェゼル(G FF 239.91万円)とは異なるコンセプトで造られていることが分かる。そりゃあそうである。全長、全幅がほぼ同じ、キャラクターも被るクロスオーバーSUVを2台ラインナップする理由などないからだ。

ホンダ・ヴェゼルe:HEVモデル

ホンダ・ヴェゼルG

WR-Vの商品性のひとつが、ヴェゼルよりホイールベースが40mm長く、全高の高さもあって、とくに後席のゆとり、ラゲッジルームの広さだ。ラゲッジルームについて具体的なデータを示すと、ヴェゼルはフロア奥行755mm、フロア幅1010mm、最低天井高780mm。後席格納時のフロア長1550mm(実測値)。

ホンダ・ヴェゼルの後席

ホンダ・ヴェゼルのラゲッジルーム

一方、WR-Vはフロア奥行840mm、フロア幅1020~1350mm、最低天井高882mm。後席格納時のフロア長2181mm(メーカー値)。つまり、後席使用時にゴルフバッグが積むのが難しい(先代ヴェゼルはOK)ヴェゼルに対して、WR-Vはゴルフバッグの積載容易性はもちろん、TVCMにもあるように、ホームセンターで買った大荷物、アウトドアの大荷物も余裕で積み込める積載力にアドバンテージがあるということだ。

新旧ヴェゼル

具体的には、4人分のアウトドア用品、スーツケース21インチ×2+25インチ×2、後席片側格納で約170cmのサーフボード、後席両側格納で27インチの自転車も積載可能と説明されている。

後席に関して言えば、WR-Vは頭上、膝周り空間の余裕とともに、全車、後席エアコン吹き出し口があり、後席の居住性、快適性を重視していることが分かる。ヴェゼルのガソリン車は後席エアコン吹き出し口未設定だ(e:HEVモデルには用意されている)。

ホンダWR-V

もっとも、WR-Vはすでに説明したように4WDの設定はなく、見た目のSUVテイストとは裏腹に、オンロード重視のアーバンSUVというキャラクターがより強調されているところが特徴。スムーズな加減速、スポーティな走りを可能にするパドルシフトを標準装備しているのもWR-Vならではだ。

最後に、WR-VのライバルSUVは?という点だが、価格的にはトヨタのヤリスクロスの1.5Lガソリン車の最上級グレードとなるZ”Adventure”、233.1万円(2WD)が挙げられる。が、ヤリスクロスのボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mm。ホイールベース2560mmと、WR-Vよりひとまわりコンパクトとなるため、クラス違いで、室内空間のゆとりはもちろん、ラゲッジルームの寸法も、WR-Vにリードされて当然だ。では、トヨタのカローラクロスはどうかと言えば、こちらのパワーユニットは2Lで、車格もWR-VのBセグメントからCセグメントとなり、クラス違いということになってしまう。

トヨタ・ヤリスクロス

トヨタ・カローラクロス

よって、勝手な判断として、”ちょうどいい”お手頃クロスオーバーSUVとも言えるWR-Vのライバル車は見つけにくく、なんと、価格を含め、同門の欧州クロスオーバーモデルを彷彿させるデザイン性を備えたヴェゼルのガソリンFF車がライバルになるかも知れない・・・。その上で、WR-Vは、エクステリアのよりSUVテイストあるデザイン、後席のゆとり、ラゲッジルームの広さがセールスポイントになると思われる。

WR-Vの公道試乗記は、今春、発売されてから、改めてお伝えしたい。

ホンダWR-V

文/青山尚暉
写真/ホンダ 青山尚暉

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。