小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PRGRから高反発で飛びを追求した最新クラブ「SUPER egg evolution」シリーズが登場

2024.02.28

プロギアは、SLEルールを超える高反発で、飛距離が落ちてきたゴルファーに飛ばす楽しみを提供し続ける「SUPER egg(スーパー・エッグ)」シリーズから、「SUPER egg evolution(スーパー・エッグ・エボリューション)ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン」を3月15日から発売する。また、専用設計を施したレディスモデルも同時にラインアップ。

エボリューション高反発でアマチュアゴルファーに“飛びの楽しさ”を提供

「SUPER egg evolutionドライバー」は、冷間圧延βチタンDAT55Gに低温曲げ加工を施したPRGR独自のβチタンU CUP フェースを採用。

βチタンDAT55Gの低弾性特性を活かしたままカップフェース化し、シャローヘッドでも大きなたわみを実現することでSLEルールを超える反発性能と広い高反発エリアを実現した。

それとともに、各部材の設計を見直し、従来シリーズよりメンズモデルは8g、レディスモデルは20gのクラブ質量を軽量化したことにより、一般的な適合ドライバーよりも約10ヤードの飛距離アップに成功している※。
※ドライバーヘッドスピード37m/s想定、同社テスターの測定結果による数値。

さらにヘッドは軽量化を図りながらも体積を500cm3と大型化したことにより、従来シリーズよりも深重心・大重心角化し、慣性モーメントも従来シリーズ同等の大きさを確保したことで、やさしく上がって、つかまり、曲がらないドライバーとなった。

「SUPER egg evolution フェアウェイウッド」は、見た目でやさしさを感じられるようにヘッドは従来シリーズよりも大型化、シャロー化しながら、CNCで薄肉に精密加工を施した高強度マレージングフェースを採用することでSLEルールを超える高反発を実現した。

また、従来シリーズよりもシャローなヘッド形状とCFRP複合構造による低・深重心設計でよりボールが上がりやすくなっている。

「SUPER egg evolution ユーティリティ」は、従来シリーズよりもヘッド厚を薄く、クラウンを落としたシャロー形状とすることで見た目のやさしさを持たせながら、フェアウェイウッド同様に、CNCで精密加工した高強度マレージングフェースを採用することでSLEルールを超える高反発を実現した。

さらに超低重心設計でボールが上がりやすく、ロングアイアンの距離がやさしく打てるクラブとなっている。

「SUPER egg evolutionアイアン」は、高強度マレージングフェースと中空構造の採用でフェース周辺部の薄肉化が可能となり、アイアンでもSLEルールを超える高反発を実現したのに加え、ストロングロフト設計で飛距離性能を徹底的に追求。

同時に大きなFP値とワイドソールとすることでストロングロフトでもやさしく上がる設計とした。

特にロフトの小さい#5-7では、ソール幅を太く、トウ側ハイトを落としたユーティリティ的な形状とすることで、打ち込まなくてもやさしく上がるアイアンに仕上げている。

また、見た目はシャープな印象になるようフェースのトウ側頂点の丸みを抑えつつ、ソールは2段ソールにして太さを感じないよう工夫したほか「ホワイトショット仕上げ」でアドレス時のまぶしさを低減させた。

このほか、As、Sはルール適合外の「角溝スコアライン」を採用したことにより、ラフからも高いスピン性能を発揮する。

製品概要

※本製品はSLEルール適合外品。プライベートのゴルフのみで使用すること。
※メンズモデル:ヘッドスピードが43m/s以上の人は使用しないこと。
※レディスモデル:ヘッドスピードが37m/s以上の人は使用しないこと。

関連情報
https://www.prgr-golf.com/superegg2024/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。