小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家庭で料理をする時に気にすることTOP3、3位野菜の量が少ない、2位味付けのマンネリ化、1位は?

2024.02.27

マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「料理に関する調査(2024年)」を実施。

「料理をする頻度」「料理の好意度」「料理に対する疲労度」「家庭料理で気になること」など、結果をグラフにまとめて発表した。本稿では、その内容を一部抜粋してお伝えする。

自分で料理をしている人は約8割、「1日1回以上(毎日)」している人は約半数

自分で毎日、料理をする頻度は、男性で31.6%、女性で62.8%と約2倍の差がある。

■料理をすることが好きな人は56.2%。疲れている人は66.3%

男性の方が「料理好き」が多く、女性よりも料理頻度が低いため「料理をすることに疲れている」は半数程度。一方、女性では77.8%が疲労を感じている。

■「本当はこうしたい」と思うこと

「本当はこうしたい」と思うことは、「料理のレパートリーを増やしたい」「鍋やフライパン一つですませたい」「献立をあれこれ考えずにすませたい」がTOP3。

■家庭料理で気になること

家庭料理で気になることは、「栄養バランス」「味付けのマンネリ化」「野菜の量が少ない」が2割以上。

女性の方が高い項目が多く、特に「栄養バランス」「味付けのマンネリ化」は約10ptの差がある。

調査概要
調査手法/インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域/全国47都道府県
調査対象/20~69歳の男女
調査期間/2024年2月16日(金)~18日(日)
有効回答数/本調査1100サンプル

関連情報
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20240221cooking/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。