小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イマドキの機能が全部入りで9万円台!Eufyのロボット掃除機「X10 Pro Omni」の実力チェック

2024.02.29

今度のロボット掃除機は「全部入り」! モップ乾燥に毛がらみ対策までできるアンカー最新モデル

モバイルバッテリーで人気のアンカー・ジャパンは、高機能・コスパのよいスマートホーム家電eufy(ユーフィー)ブランドも展開している。ユーフィーブランドの主力製品はロボット掃除機だが、2月28日から最新モデルの「Eufy X10 Pro Omni」が販売開始された。

新モデルは吸引と水拭きが可能なハイブリッドタイプで、ゴミ自動収集機能、水自動補給機能を搭載。さらに、モップの洗浄から乾燥までできる「全自動クリーニングステーション」を搭載した「全部入り」モデルだ。

しかも、これだけの機能を搭載して99,990円という価格を実現している。

■ゴミ収集もモップのメンテナンスも全自動に

ユーフィーブランドはこれまで高機能モデルとして、自動ゴミ収集機能を搭載した「Eufy Clean X8 Pro with Self-Empty Station」や、水拭き用モップの自動水補充や自動洗浄・温風乾燥する「Eufy Clean X9 Pro with Auto-Clean Station」を発売してきた。

ただし、X8 Proはモップ自動洗浄機能を搭載しておらず、X9 Proは自動ゴミ収集機能が非搭載だった。

新モデルであるX10 Pro Omniは、これらすべての機能を搭載しているのが特徴のひとつ。充電ステーションの右側に2.5Lのダストパック、左側に清水タンクと汚水タンクを配置する。

全部入りながら、充電ステーションのサイズは約36.6×46.0×48.0cm。スッキリしたデザインのためか、自動ゴミ収集機能のみ搭載したX8 Proと並べても、そこまで「巨大になった」とは感じない。

新X10 Pro Omniの魅力は清掃性の高さにもある。ユーフィーのロボット掃除機は、いままで一番パワフルな製品でも最大吸引力が5500Paだったが、新モデルは8000Paまでパワーアップした。

一般的に3000~5000Paで「ロボット掃除機上位モデル並のパワー」といわれるので、新モデルがかなりパワフルなのがわかるだろう。さらに、水拭き掃除は180回/分で高速回転する2つのモップを搭載。

それぞれのモップに約1kgの圧力をかけて掃除をするため、落としにくい汚れもしっかり落とすという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。