小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

缶詰の完成度に驚き!高校生が作った未利用魚のオリジナル缶詰No.1を決める「LOCAL FISH CAN グランプリ」はフードロスの削減の切り札となるか!?

2024.02.18

「捕獲された魚の1/3は、食べずに捨てられている」という事実

SDGsでも12番目の目標として言及されている「食品ロス(フードロス)」。その中でも、漁業国日本にとって特に大きな課題とされているのが、「未利用魚」の存在だ。未利用魚とは、「食用にできるのに、味に関係のない理由で市場に出回らない魚」のこと。味に関係のない理由とは、例えば以下のような理由だ。

・サイズが流通の規格外だったり、漁獲量が十分でなかったりして流通ルートに乗らない
・骨やトゲが多かったり、下処理が面倒だったりして、スーパーなどで敬遠される
・特定の地域でしか食べられていないため、全国的に知られておらず、売りにくい

ちなみに2020年に国際連合食糧農業機関(FAO)が公表した「世界漁業・養殖業白書」によると、世界全体で全捕獲高の約35%が未利用魚。つまり、捕獲された魚の1/3は廃棄されていることになる。

高校生による、缶詰開発グランプリが熱い!

こうした状況を改善しようと今、様々な取り組みがされているが、中でも注目されているのが、全国の高校生による未利用魚のオリジナル缶詰の開発だ。一般社団法人 ローカルラボは、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、2021年から、全国の高校生が缶詰の開発をするアイデアコンテスト「LOCAL FISH CAN グランプリ」を実施。第3回目2023年には57チームの応募があり、10月8日に行われた9チームによる決勝大会が行われたという。

その上位入賞の缶詰のネーミングを見ると、「ブリの骨じゃん ~中落ち丸ごと~」(愛媛県立長浜高等学校)、「ばり!うま!アイゴ?アヒージョ レモン味」(学校法人関西学園岡山高等学校)、「黒ダイの白シチュー Black in White」(おかやま山陽高等学校)、「チヌのあんちゃん」(熊本県立天草拓心高等学校)など、いずれも高校生らしく弾けているものが多い。

▲第3回「LOCAL FISH CAN グランプリ」で優勝した愛媛県立長浜高等学校の生徒たち ※画像提供:日本財団「海と日本PROJECT」

▲愛媛県立長浜高等学校の生徒によるプレゼン(左)と、最優秀賞を獲得した「ブリの骨じゃん ~中落ち丸ごと~」(右)※画像提供:日本財団「海と日本PROJECT」

▲優秀賞(準グランプリ)を獲得した学校法人関西学園岡山高等学校のプレゼン(左)と、「ばり!うま!アイゴ?アヒージョ レモン味」(右)※画像提供:日本財団「海と日本PROJECT」

味もこのネーミング同様、さぞかし弾けているにちがいない。興味を抱いて探したところ、「缶カツ!by LOCAL FISH CANグランプリ2023」というサイトで、最優秀賞の「ブリの骨じゃん ~中落ち丸ごと~」と、優秀賞の「ばり!うま!アイゴ?アヒージョ レモン味」を購入できることがわかったので、さっそく取り寄せて食べてみた。

▲購入した2品

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。