小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

公務員を志望していた学生が断念した理由、3位給与が低い、2位試験が難しい、1位は?

2024.02.16

景気に左右されることがあまりなく、余程のことがない限りクビにならない公務員だが、近年は「若者の公務員離れ」が叫ばれている。

こうした現状を受けてワンキャリアはこのほど、2024年卒・2025年卒の大学生・大学院生向けに「公務員に関する調査」を実施し、120の有効回答を得た。詳細は以下の通り。

1. 学生の36.7%が「公務員を志望したことはない」と回答

「公務員への就職を志望していたことはありますか?あるいは現在、公務員を志望していますか?」という質問に対して、全体の36.7%が「志望したことはない」と回答した。LINEリサーチが実施した調査(※)では「国家公務員・地方公務員」が「高校生のなりたい職業」の1位となった一方、大学生の約4割は志望したことがないという結果となった。

※出典:LINEリサーチ「2023年実施 中高生のなりたい職業ランキング」

2. 「過去に公務員を志望していたが断念した」学生は25.0% 断念の理由は「公務員試験の受験」が最多の56.7%

1の質問に対し、「過去に公務員を志望していたが断念した」学生は25.0%となった。断念した学生に理由を聞いたところ、「公務員試験を受験するのが面倒だから」という回答が最も多く56.7%、続いて「公務員試験が難しいから」が46.7%だった。「給与が低いから」や「労働時間が長いから」といった給与や働き方よりも、公務員試験というハードルが公務員への思いを阻む要因になっていることがわかる結果となった。

3. 公務員を志望している・志望していた理由のトップは「社会の役に立ちたいから」

1の質問にて「志望して、4月から公務員として働き始める」「現在、志望している」「志望していたが断念した」と回答した学生を対象に、「志望していた、または志望している理由」を尋ねたところ、「社会の役に立ちたいから」が65.8%と最も多い結果となった。次いで「安定しているから」が57.9%、「地元で働きたいから」が36.8%と続き、社会の役に立ちたいという思いや、地元で安定した仕事に就きたいという学生が公務員を志望することがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。