小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

絶好調の米国株式市場、アノマリーから見えてきたこの先の市場動向

2024.02.10

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフストラテジストの石山仁氏による「米国株式市場のアノマリーを確認 1月上昇した年のS&P500種指数の平均上昇率は13%」と題したマーケットレポートを公開した。

経験則(アノマリー)から見えてくる年間騰落率

1月の米国主要株価指数は、S&P500種指数が前月比+1.6%、NYダウが同+1.2%、NASDAQ総合指数が同+1.0%と3カ月連続の上昇となった。

S&P500種指数とNYダウは2月に入ってからも史上最高値を更新している。長期金利は上昇しているものの、米景気のソフトランディングやテクノロジー業界の回復に対する期待感が高まったことでハイテク株が堅調となったことなどが背景だ。

ただ、予想株価収益率(PER)が大きく上昇するなど、過熱感が高まっている。今後、スピード調整が入る可能性もありそうだ。

米国株式市場には様々な経験則(アノマリー)がある。1月は月間上昇率が他の月よりも高くなりやすい(1月効果)といった事象が有名だ。

1月に上昇した場合、アノマリーによれば年間で上昇となる勝率は80%を超えており、2024年の年間上昇率はプラスになると期待される。

一方、2月の月間上昇率は相対的に低く、勝率も12カ月中10位、ないしは11位と低い月だ。

そこで2月の動向も踏まえた場合の年間上昇率を確認した。1月上昇、2月下落の場合(ケース2)は、年間での勝率は1月だけを見たケース1よりも低下した。

しかし勝率は70%以上であり、仮に、2月にスピード調整やバリュエーション調整から下落したとしても年間ベースでの上昇は期待できそうだ。

一方、1月に続き2月も上昇したケース3の場合は、ケース1よりも高い上昇率と勝率が確認された。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。