小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

多くの日本人がAIを学ぶことに関心がない理由

2024.02.09

KPMGコンサルティングから、AI(人工知能)に対する人々の信頼や認識、AIの運用と管理への期待などについてまとめたレポート「AIは信頼できるか ~AIへの社会的認識の変化に関するグローバル調査2023」(日本語版)が発表された。

本稿では、その概要をお伝えしていく。

このレポートでは、AIへの信頼と受容について、欧米を中心とする世界17か国、1万7千人以上を対象に実施した調査結果と、AIがさらに受け入れられるための4つの要素について解説するとともに、日本の特徴についても分析を行なっている。

主な調査結果

(1)AIの信頼と受容

・61%が、AIを信頼することに懸念を抱いている
・67%が、AIの受容度は「低い」または、「中程度」と回答している
・人事分野でのAIの利用は最も信頼度が低く、受け入れられていないが、医療分野では最も信頼され、受け入れられている

(2)AIの潜在的なメリットとリスク

・85%が、AIはさまざまなメリットをもたらすと考えている
・メリットがリスクを上回ると考えている回答者は半数にとどまる
・84%が、「最も懸念しているのはサイバーセキュリティリスク」と回答している

(3)誰に AIの開発と管理を任せるか

・76~82%が、「国立大学や国立研究機関・防衛機関による AIの開発・利用・管理は信頼でき、公共にとって最善だ」と回答している
・3 分の 1 が、AIの開発・利用・管理において、政府や営利組織を信頼していない

(4)責任あるAI

・75%は、「保証の仕組みが整っていれば、AIをより積極的に信頼する」と考えている
・71%が、AIに対する規制を望んでいる

(5)職場におけるAI

・約半数が、仕事で利用するAIを信頼したいと考えている
・多くの回答者が、人事分野でのAIの活用に抵抗がある
・40%が「自身の仕事はいずれAIに置き換わる」と考えている

(6)AIに関する理解

・半数が、AIについて理解していない、または、いつ、どのように使われるのか理解していない
・45%が、ソーシャルメディアに AIが使われていることを知らない
・82%が、AIについてさらに学びたいと考えている

(7)AIの捉え方はさまざま

・若い世代、大卒者、管理職は、AIをより信頼し、受け入れ、肯定的に捉えている
・新興国の回答者は、他の国よりも AIを信頼し、受け入れ、肯定的に捉えている

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。