小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20~40代既婚女性の6割が「一度は離婚を考えたことがある」

2024.02.08

アシロは離婚問題の相談・対応を得意とする弁護士・法律事務所を検索できるポータルサイト「ベンナビ離婚」にて、20歳〜49歳の既婚女性2993人を対象に、離婚意識に関するアンケート調査を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

本稿では、その内容を抜粋してお伝えする。

多くが休日は夫婦で過ごすものの離婚の検討歴がある

「休日に夫と過ごす時間はどれくらいありますか?」という質問に対して、56.5%が「よく一緒に外食したり買い物したりしている」と回答した。

一方で「ほとんど一緒に過ごさない」は14.7%、「家の中で一緒にいるだけの存在」は12.7%で、合わせると27.4%が夫とのコミュニケーションをあまり取れていないということがわかった。

また、「これまでに離婚を考えたことがありますか?」という質問に対して、「一度もない」と回答した人は39.7%に留まり、60.3%は、少なくとも一度は離婚を検討したことがあるという結果になった。

どのような夫婦間の過ごし方をしていたかに関わらず、離婚を考えたことがある女性は多いようだ。

■離婚を考えたきっかけは「性格・価値観が合わない」が最多

離婚を考えたことがある既婚女性1805人に対して、「離婚したいと思ったきっかけ」を複数選択形式で回答してもらった(複数選択形式のため回答合計件数は1805件を超える)。

離婚したいと思ったきっかけとして最も多いのは「性格・価値観が合わない」となり、裁判所が発表した離婚原因の1位「性格の不一致」と同様の結果となった。

また「夫の家族や親族との折り合いが悪い」といった、当事者以外を原因として離婚をしたいと思うケースが一定数あるようだ。

■6割以上が離婚を本気では考えていない

離婚を考えたことがある既婚女性1805人に対して、「離婚に対する本気度を教えてください」と質問したところ、「離婚する気は全くない」、「本気では考えていない」と回答した人は64.2%となり、離婚に対して消極的であることがわかった。

一方で、「離婚の意志は固まっているが行動に移せていない」、「すでに離婚の話を進めている」と回答した人は15.9%となり、離婚を考えたことがある女性の中で、6人に1人は本気で離婚したいと考えていることがわかる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。