小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

もしも10年前にテスラの株を購入していたら今頃FIREできていたのか?

2024.02.08

2024年、世界で最も影響力のある起業家といえばイーロン・マスクを挙げる人も多いでしょう。

マスクといえばツイッターを買収して「X」に改名したり、宇宙ビジネスを展開する「スペースX」や衛星通信サービスの「スターリンク」、そしてEVの「テスラ」など、さまざまな事業をグローバルに展開している稀代の経営者でもあります。

そこで今回はマスクが経営する「テスラ」の株をもしも10年前から保有していたら?をテーマに、テスラのビジネスモデルや株価に迫っていきたいと思います。

テスラのビジネスモデル

テスラの基本的なビジネスモデルは多岐にわたり、電気自動車(EV)の製造と販売を中心に据えつつ、再生可能エネルギー分野や自動運転技術などにも注力しています。以下がその詳細です。

【電気自動車(EV)の製造と販売】

Model S テスラの初の量産モデルで、高性能かつ豪華なセダン。長距離走行が可能で、先進的なテクノロジーを備えています。

Model 3 テスラが大量市場向けに設計したコンパクトセダン。手頃な価格で広く普及を図りました。

Model X 高級SUV型の電気自動車で、ファルコンウィングドアが特徴。家族向けやアクティブなユーザーを対象にしています。

Model Y Model 3のプラットフォームを共有するコンパクトSUV。クロスオーバーセグメントに参入しました。

【電動トラックおよび商用車】

Cybertruck ピックアップトラック型の電気自動車。頑丈な外観と高い性能が特徴。商用および個人向け市場にターゲットを絞っています。

【再生可能エネルギー】

太陽光発電製品 テスラは太陽光発電パネルやソーラーローフ(太陽光発電を組み込んだ屋根材)を提供し、家庭や企業向けの再生可能エネルギーソリューションを提供しています。

バッテリー製品 Powerwall(家庭用バッテリー)やPowerpack(企業向けの大規模なバッテリーシステム)など、エネルギー貯蔵製品も展開しています。

【自動運転技術】

テスラの車両は自動運転機能を搭載しており、ソフトウェアアップデートによってその性能が向上します。将来的には、フルセルフドライビング(FSD)機能も提供することを目指しています。

【エネルギーおよびEV関連サービス】

スーパーチャージャーネットワーク テスラは高速充電ステーションネットワークを展開し、長距離走行の利便性を向上させています。

ソフトウェアアップデート リアルタイムで行われるソフトウェアアップデートにより、車両の性能や機能を向上させています。

これらの要素が組み合わさり、テスラは総合的なエコシステムを構築し、電気自動車と再生可能エネルギーの分野でトッププレイヤーとなっています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。