小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

運転中に子どもの面倒を見られない悩みを解決!赤ちゃん本舗と日産が運転中の子守り支援ロボット「INTELLIGENT PUPPET イルヨ」を開発

2024.02.07

赤ちゃん本舗は、日産自動車と協業し、運転中の子守り支援ロボット「INTELLIGENT PUPPET イルヨ」(以下、イルヨ)のコンセプトモデルを開発したことを発表した。

「チャイルドシートの壁」によって「顔が見えない、あやせない」などの悩みを解決!

「イルヨ」は、日産のセンシング技術から着想を得て開発された、運転中の子守り支援ロボット。

後部座席のチャイルドシート横に設置するロボット「イルヨ」と、運転席横のドリンクホルダーに設置するロボット「ベビー イルヨ」の2体で構成されており、ドライバーが自身の近くにある「ベビー イルヨ」に特定の言葉を投げかけると、後部座席の「イルヨ」が作動し、手を振る動作や、「いないいない、ばあ」などの動きでチャイルドシートに座る赤ちゃんをあやす。

また、イルヨのカメラが赤ちゃんの表情を認識して「ベビー イルヨ」に伝達。「ベビー イルヨ」の目の開閉によって赤ちゃんが寝ているかどうかを親が把握できる仕組みになっている。

なお、日産と赤ちゃん本舗が共同で行なったアンケート調査によると、6割以上がドライバーと子どものみでのドライブを週に1〜2日以上経験していることが判明したほか、ドライバーと子どものみでのドライブ中の悩みとして、8割以上が「赤ちゃんが泣いた時にあやせない」と回答したとのこと。

両社は、この悩みの背景には、安全のために生後15カ月未満の赤ちゃんを後部座席に設置した後ろ向きのチャイルドシートに乗せていることにより、お互いが見えなくなる「チャイルドシートの壁」が生まれているためだと考察。

実際に9割以上のドライバーが「後ろ向きベビーシートにより、赤ちゃんの様子がわからず不安」と回答したという。

こうした事実を踏まえ、日産と赤ちゃん本舗は、チャイルドシートによる赤ちゃんの安全を確保しながら、親子が安心してドライブできる車内環境づくりを目指して解決策を構想し、運転中の子守りを支援するロボット、イルヨを開発したとのことだ。

また、開発段階では北里大学医療衛生学部による実証実験も行なったとのこと。実験には実際の親子が協力し、ドライブ中を想定した車内環境でイルヨの有用性を試験。

赤ちゃんの9割が、動作しているイルヨに注視することがわかり、赤ちゃんの関心を惹きつける効果があることが確認されたという。

さらに、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せた状態でも、イルヨが作動することで半数以上の赤ちゃんの感情がポジティブな方向へ改善されることもわかり、イルヨの赤ちゃんをあやす性能が実証されたとしている。

■イルヨの概要

・名称:INTELLIGENT PUPPET イルヨ ※「イルヨ」と呼称可

・各ロボットの名称:イルヨ(後部座席に設置)、ベビー イルヨ(運転席横のドリンクホルダーに設置)

・日産のセンシング技術から着想した各種機能:

・ 「いるよ」「いないいない、ばぁ」「こっちだよ」「お歌を歌うよ」の4つのウェイクワードをベビー イルヨが音声認識。それぞれのウェイクワードに合わせてイルヨが作動し、チャイルドシートに座っている赤ちゃんをあやす。

・イルヨがチャイルドシートに座る赤ちゃんの表情の変化をカメラで検知。赤ちゃんの目の開閉を感知することでベビー イルヨも目を開閉。運転席のドライバーに、赤ちゃんが寝ているか起きているかを知らせる。

・ネーミングの背景:開発初期段階に行なった赤ちゃんのいる親へのヒアリングで、運転中に後部座席の赤ちゃんをあやす言葉の投げかけとして「◯◯ちゃん、いるよ。ここにいるよ」と、親が自身の存在を赤ちゃんに声かけする様子が多く見受けられたことから、着想し、「イルヨ」と名付けられた。

・カラーバリエーション:メインカラーのレッドに加えて、ピンクとバニラを加えた3つのカラーをラインアップ。実証実験を行なった北里大学医療衛生学部 准教授 川守田拓志先生からの「赤ちゃんの関心を惹き、かつ発達の早期に獲得する色として赤色が効果的」とのアドバイスを受けてメインカラーを選定。また、ビギニングファミリーをターゲットとしたルークスのカラーバリエーションからイルヨにぴったりな、ピンクとバニラの淡い色彩を2色ラインアップした。

・イルヨのカスタマイズ:イルヨは、保護者の特徴にあわせて見た目をカスタマイズできるよう企画。コンセプトモデルでは、メガネをかけさせたり、帽子をかぶらせたりすることも可能にした。

関連情報
https://www.nissan.co.jp/SP/INTELLIGENTPUPPET/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。