小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

花粉症の発症率が高い都道府県TOP3、3位埼玉県、2位静岡県、1位は?

2024.02.03

間もなく本格的な花粉症の季節がやってくる。地域によって花粉の飛散量が異なることは知られているが、では、日本で最も発症率が高い都道府県というと、いったいどこになるのだろうか?

ウェザーニューズはこのほど、花粉症の発症率や対策の実態を調査するため、スマホアプリ「ウェザーニュース」を通じて「花粉症対策調査」を実施し、その結果を発表した。

2人に1人以上が花粉症、最も発症率が高いのは山梨県

ウェザーニュースアプリのユーザーに「あなたは花粉症ですか?」と質問し、「花粉症です」「花粉症ではありません」の2択で回答してもらった。計10,567人の回答を集計した結果、「花粉症です」と回答した人は55%で、2人に1人以上が花粉症ということがわかった。

都道府県別にみると、最も花粉症の人の割合が高かったのは山梨県で63.1%、2位は静岡県で62.5%、3位は埼玉県で62.0%となった。全国平均の55%を超える県は本州の太平洋側に集中しており、特に関東甲信と東海で60%を超える県が多くなった。

ウェザーニュースが全国に設置している独自の花粉観測機「ポールンロボ」による観測に基づいて解析された2017〜2023年の花粉飛散の平均値を見てみると、東北北部の一部や福島県、関東甲信、東海などで特に飛散量が多いことがわかる。

東北北部では花粉症の発症率が30〜40%台で、都道府県ランキングも40位以下のため、発症率と飛散量が完全に一致しているとはいえないが、上位にランクインしている山梨県や静岡県、関東などでは飛散量も多い傾向にある。

■女性は6割が花粉症年代別だと10〜30代の発症率が高い傾向

性別でみると、花粉症の方の割合は男性52%、女性62%で、男性よりも女性の花粉症の方が多いことがわかる。また年代別にみてみると、10〜30代の発症率が高く、10代では7割弱が花粉症だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。