小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

豪快かつ優雅に駆け抜けるランドローバーの超実力派SUV「ディフェンダー130 D300」

2024.01.30

ランドローバーのラインアップの中で、最も硬派なモデルが「ディフェンダー」だ。初代「ディフェンダー」は1990年に登場しているが、そのルーツはランドローバー創業の直後1949年に登場したモデル。その後、ランドローバーという車名で販売されてきた。

 しかし、レンジローバーの成功や「ディスカバリー」の追加などで、1990年からランドローバーは「ディフェンダー」という車名が付けられた。その後、マイナーチェンジを受けながら生産を継続したが、2015年末で生産を中止することを発表し「ディフェンダー」の歴史は幕を下した。しかし、熱心なマニアからの願いもあり、2018年と2021年に台数限定の特別仕様車が発売された。

 一方で、時代の流れに合った新しい「ディフェンダー」を望む声も高まり、2019年のフランクフルトモーターショーにて2代目「ディフェンダー」が公開された。それが現行モデルだ。当初の「ディフェンダー」は5ドア5人乗りの「110」シリーズと3ドアショートホイールベースの「90」シリーズの2シリーズだったが、2022年6月にホイールベースはそのままに「110」の後輪からうしろのボディーを340mmも長くした「130」を発売した。

3列シートになった「130」、シート配列の居心地

 その「130」シリーズが2023年モデルとしてラインアップしたのだ。全長5360mm、全幅2010mm、全高1970mm、ホイールベース3020mmというサイズは長く、高い。幅は2mなのであまり広いとは感じない。ボディーもどちらかというと幅よりも2m近い高さが目につく。その印象は、ハンドルを握っても変わらなかった。3列シートになった「130」のチェックは、当然だが、そのシート配列の居心地からだ。

 2列目への乗りこみは、Bピラーにグリップがあり、サイドステップも使えるので乗りこみやすい。着座位置は高めで、床面はほぼフラットなので、3人掛けの中央でも足元、頭上の余裕がある。2列目シートは、レバー操作による手動で前後に動かすことができる。3列目シートへの乗り降りは、2列目を動かして行なう。しかし、2列目シートは重く、動きも限られているので、スムーズに乗り降りするのはコツが要る。常時、3列目シートを使うことは、あまりすすめられない。

 しかし、3列目シートも一度座ってしまえば、足元のスペースも広く、高めの着座位置にもかかわらず、頭上にも空間は確保されている。天井はスライディングパノラミックルーフに、3列目の頭上にも2つ目のサンルーフを標準装備している。身長170cmクラスでも十分に3人掛けができるほどに余裕がある。試しに、170cmクラスの人間を運転席からタンデムに3人座らせてみせたが、長時間の移動でなければ不満の声は出ないと思えるほどだった。

 この3列目シートも背もたれは前方に3分割で倒すことができるが、荷室とは9cmほどの高さの差があるので、平らにはならない。荷室は3列目を使用した状態でも、奥行き約360mm、左右幅900~1140mmある。荷室の高さだが、エアサスペンションを荷室にあるスイッチを操作することで、路面からの開口部を802mm~960mmまで変えることができた。

 乗り出す前のシートインプレッションが長くなってしまったが、いよいよ試乗だ。P/R/N/DのポジションだがDからシフトレバーを動かすとSモードも選択できる。8速ATはパドルレバーがないので、シフトレバーでマニュアル操作する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。