小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アート界の嫌われ者?アメリカ的な商業主義をアート作品へと昇華させたジェフ・クーンズの功績

2024.02.02

ジェフ・クーンズ(1955-)はアメリカを代表する最重要の現代アーティストです。

つねに議論を巻き起こすその作風から、世界のトップコレクターから愛されながらも、そのビジネスマン的な立ち振る舞いが原因か、それともポップな作風が引き金なのか、アート界の「嫌われ者」と呼ばれているのも事実です。なぜこれほどまでに嫌われているのかというと、それは誰も成し得ていない領域を探り当て、切り拓き続ける「クーンズ」という作家の避けては通れない命題だからではないでしょうか。

そこで今回のアイデアノミカタは「ジェフ・クーンズと資本主義」について考察していきます。

生い立ち

ジェフ・クーンズ(以下クーンズ)は1955年、米国ペンシルバニア州ヨークの中流階級に生まれます。インテリアショップを営む父が手がける週ごとに変化していくショールームを見て育ちます。のちにクーンズはこの経験について、「商品の売買がいかにパワフルで人々の欲望を駆り立てるのかを目の当たりにした」と語っています。

幼少期からアートへの興味を持っていたクーンズは、ダリやビートルズ、絵画教室や父親のお店の商品にとても夢中になっていました。特にダリには強い興味を持ち、17歳の頃にNYのホテルへダリを訪ねに行くほどです。またクーンズの父親もアートに理解があり、当時からクーンズが描いた作品をショールームで数百ドルで展示していました。

1975年、20歳になったクーンズはシカゴ美術館付属美術大学へ進学します。

そこで画家エド・バシュケと出会い、デュシャンやレディメイドという現代アートの哲学に触れていきます。エドとの出会いにより、クーンズはアートがビジネスになることを学んだと後に語っています。

憧れのNYへ移住

1977年、クーンズ22歳のころに念願のNYへと移住します。最初の仕事はMOMA(ニューヨーク近代美術館)でメンバーシップ勧誘の営業職に就きます。ここで天性ともいえるビジネストークを発揮して、売上最高記録(当時で年間3万ドル)を叩き出したという逸話も残っています。また仕事と並行して翌78年には「INFLATABLES」シリーズを発表します。

翌79年にはウォール街の株式ブローカーの職に就きます。これは制作資金を稼ぐことを目的としていたもの、思わぬ副産物として、クーンズはマーケットの知識を得ることとなりました。

◯ INFLATABLES……クーンズ最初期の作品群。デュシャンのレディメイドに影響を受けている作品で、雑貨屋で購入したビニール玩具のウサギと花を並べて、その下と背景に鏡を置いたものでクーンズの才能が垣間見えます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。