小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SUBARUのアーバンクロスオーバー「レイバック」から滲み出る上質感と爽快感

2024.01.28

2023年秋に、スバル・レヴォーグの改良(C→D型)とともに発表されたのが、最新のレヴォーグをベースにクロスオーバー化された日本専用車となるレイバック。

それはインプレッサをクロスオーバー化したクロストレックの関係と同じように見えるが、厳密にはそうではない。レイバックは、ただレヴォーグの車高を上げ、エクステリアにクロスオーバー風味を加えただけのレヴォーグの追加車種では決してないのである。ターゲットとなるユーザー層、走りのキャラクター、快適性、装備、前席の乗降性など多岐に渡ってレイバックならではの特徴が与えられた、レヴォーグより、より幅広いユーザー層をターゲットとする”都市型”クロスオーバーモデルなのである。

オフロード感のない洗練されたエクステリア

グレード構成も独特だ。レヴォーグとは違い1・8LDOHC直噴ターボ”DIT”+ リニアトロニック+AWDのLimited EXの1グレードとなり、レヴォーグSTIシリーズに装備される電子制御ダンパーは備わらず、ドライブモードセレクトではなく、2モードのSI-DRIVEを採用するグレードのみ。ただし、最新のD型レヴォーグに準じ、ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイト、アイサイトセーフティプラス、そして渋滞時ハンズオフドライブ、アクティブレーンチェンジアシスト、カーブ前速度制御、料金所前速度制御などの高機能を持つアイサイトXが標準装備されるところが大きな特徴だ。

最低地上高をレヴォーグの145mmから本格SUV並みの200mmまで高めたエクステリアのクロスオーバー感も、例えば、インプレッサを本格クロスオーバーSUV化した、AWDであればXモードを備えたクロストレックとは異なる。実際、バンパーから上だけを見ればレヴォーグに近いデザインであり、土や泥の臭いは感じられない。

なお、ボディサイズは全長4770×全幅1820×全高1570mmと、それぞれレヴォーグより15mm長く、25mm幅広く、70mm高くはなっているが、全長、全幅に関してはフロントグリルの張り出し、クロスオーバー化のための樹脂サイドクラッディングなどの加飾によるもの。ミラ・トゥ・ミラー幅はレヴォーグと変わらず、運転のしやすさはアイポイントが高くなったため、より以上と言っていい。

そして、ただ、レヴォーグをクロスオーバー化しただけでない最大の理由が、足回り。レヴォーグ用ではなく、スバル車最上の乗り心地を実現したと感じるクロストレックのものを流用しているのである。タイヤもクロストレックで大好評、開発陣からしても想定以上のマッチング!!と言われる、操縦安定性の高さ、乗り心地と静粛性の評価が極めて高いファルケンのオールシーズンタイヤ(専用品でサイズ違い)、225/55R18サイズを履いている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。