小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トヨタが「GRヤリス」にWRCドライバーが監修した特別仕様車「オジエEdition/ロバンペラEdition」を追加

2024.01.28

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は、1月25日、2024年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリー・モンテカルロにおいて、進化型GRヤリスをべースとした特別仕様車、GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition(オジエEdition)”およびGRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition(ロバンペラEdition)”を披露した。全国のGR Garageを通じ、2024年春頃に抽選申込を開始し、それぞれ100台の台数限定で発売を予定している。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)/GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

昨年、東京オートサロン2023にてコンセプトモデルを披露した両車は、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team所属選手であり、これまで計8回ドライバーズタイトルを獲得したセバスチャン・オジエ選手、2022・2023年連続でドライバーズタイトルを獲得したカッレ・ロバンペラ選手が監修した特別なGRヤリスとなる。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

「ラリーの現場でクルマを鍛え、成長させてくれるドライバー、その機会を与えてくださるすべてのチーム、主催者を含む関係者の皆様、そして、ファンの皆様へ敬意と感謝を伝えたい」というモリゾウこと豊田会長の想いの下で開発された。両選手からのフィードバックを内外装変更や四駆制御に反映したことに加え、成約者にはTGR-WRTに関する特別体験プログラムの提供を予定し、WRCを共に盛り上げる仲間となってもらいたいと考えているとしている。

特別仕様車の主な特徴

■同モデル専用の新たな四駆制御モードを開発。標準車両の「GRAVEL」「TRACK」と置き換える形で、四駆制御モードを以下のように設定

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

【オジエEdition】
MORIZOモード:トラクション性能と旋回性能を高い次元で両立させるため、加速時は前後輪の拘束力を最大(直結)とし、制動時は必要分だけ拘束を緩める仕様。モリゾウこと会長の豊田が走り込んで導き出した駆動力配分をオジエ選手が気に入り採用に至った。

SEB.モード:前輪の旋回性を確保しながら、後輪の駆動力による車両コントロールを可能にするため、後輪よりの前後駆動力配分とした仕様。車両との一体感を味わえるほか、高速で車体をコントロールすることにより、タイム短縮に寄与。

NORMALモード:GRヤリス RZ“High performance”搭載のNORMALモードと同じ。

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

【ロバンペラEdition】
DONUTモード:ドリフト走行やドーナツターンが得意なロバンペラ選手のため、前後輪の拘束力を最大(直結)とし、ドリフト走行時のスライドコントロール性を確保した仕様。

KALLEモード:追加装着した等速リヤディファレンシャルを最大限活かす制御により、リニアな挙動特性を実現。コーナー進入でリヤを積極的に振り出し、脱出時にはアクセルでフロントを引っ張るような運転が可能となり、タイム短縮に寄与。

NORMALモード:GRヤリス RZ“High performance”搭載のNORMALモードと同じ。

■オジエEditionに新開発の軽量ラリースポイラー(CFRP製)を、ロバンペラEditionにGRMNヤリスと同じリヤスポイラー

(可変ウイング/CFRP製)をそれぞれ採用し、空力特性を改善した。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

■オジエEditionに新たなマットカラー「マットステルスグレー」を、ロバンペラEditionに「三色塗装」をそれぞれ採用。

「三色塗装」は、ロバンペラ選手が競技参戦時に使用するヘルメットのデザイナーによるデザインを採用。カッティングシートなどは使用せず、塗装のみで三色の塗り分けを実現した。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

■WRCチャンピオン獲得を記念した「WRC優勝記念デカール」をフロントフェンダー左右に装着した。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

■各選手の出身国の国旗の色に合わせ(オジエ選手:フランス、ロバンペラ選手:フィンランド)、ステアリングホイールのステッチ色をそれぞれ変更。さらに、WRCチャンピオン獲得を記念した専用プレートを助手席前のインストルメントパネル部分に装着している。

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

【特別装備】
※GRヤリス RZ(6速MT)をベースに“High performance”の装備に加え以下の装備を追加

GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition”(日本仕様、プロトタイプ)

【成約特典一覧】
・2024年WRCラリージャパン会場におけるドライバー及びチームとのコミュニケーション、WRCマシン及びピット見学、スペシャルステージ(SS)での観戦
・2024年シーズン WRC参戦マシンにお客様のお名前を掲示(一部のラウンドにて実施)
・特別記念品などの贈呈

【車両展示】
抽選開始に先駆け、2024年2月15-18日にかけて名古屋駅JRゲートタワー前広場において両モデルの展示を予定している。

関連情報:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/ogier-rovanpera-edition/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。