小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最高出力843PS、最大トルク1400Nm以上!メルセデス・ベンツがF1テクノロジーを採用した「メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCE」を追加

2024.01.30

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG GT 4ドアクーペのトップパフォーマンスモデル「GT 63 SE PERFORMANCE」を追加し、1月24日(水)より販売を開始した。

このメルセデスAMG GT 4 ドアクーペは、メルセデスAMG社の独自開発による新たなスポーツカー。

同社のアイデンティティである、究極のハイパフォーマンスを持ちながら、官能的なデザインと快適な室内空間および4ドアの利便性を兼ね備えており、パフォーマンスやデザイン性を追求しながらも、日常生活での使い勝手も妥協したくないユーザーの要望に応えるモデルとなる。

F1テクノロジーを採用

GT 63 S E Performance(欧州仕様)

今回のGT 63 S E PERFORMANCEの駆動システムは、4.0L V8ツインターボエンジンに交流同期モーターとAMG自社開発の高性能バッテリー、それにAMGのパフォーマンス志向連続トルク可変配分四輪駆動システムの4MATIC+を組み合わせたもので、エンジンと電気モーターの組み合わせによりシステム出力620kW(843PS)、最大システムトルク1,400Nm以上を発生。

また、0-100km/h加速をわずか2.9秒、200km/hまで10秒未満、最高速度は315km/hに達する。

GT 63 S E Performance(欧州仕様)

出力150kW(204PS)の交流同期モーターはリアアクスルに搭載されており、電動シフト式2速トランスミッションおよび電子制御式リミテッド・スリップ・デフとともにコンパクトなエレクトリックドライブユニット(EDU)にまとめられている。

専門的にはP3ハイブリッド(変速機内あるいは変速機よりも下流に電機モーターを置く)と呼ばれるレイアウトとなる。

軽量の高性能バッテリーもリアアクスル上方に搭載されており、このコンパクトな設計レイアウトによりきわめて俊敏な発進/加速が得られるなど、様々なメリットがある。

また、搭載されるAMGハイパフォーマンスバッテリー(HPB)の開発は、メルセデスAMGペトロナスF1チームが使用しているF1 ハイブリッドレーシングマシンの、きわめて苛酷な条件下で実証済みの先進テクノロジーを元に進められた。

AMG高性能バッテリーは、高出力を頻繁に繰り返し発生できる能力と軽量構造を兼ね備えることで、クルマの総合的なパフォーマンスを高めている。

さらに、充電速度が速いことと出力密度が高いことも特長で、これによって、アップダウンのあるワインディングを高速走行する場面などでは、上りでただちに100%のパワーを引き出すことができる一方、下りでは強力な回生ブレーキが実現できる。

さらにGT 63 S E PERFORMANCEに搭載されるハイパフォーマンスバッテリー容量は6.1kWhで、定格出力70kW、最高出力150kW(10 秒間)を発揮。

また、わずか89kgと軽量であることから、出力密度は1.7kW/kgと高い値となっている。このバッテリーは、航続距離を最大化することより、速やかな放電と充電を行えることを重点に設計されたものだが、EV走行可能距離も12km(等価EVレンジ、WLTCモード)と実用的なレベルを確保しており、例えば深夜や早朝の住宅地などでは静かに排出ガスを出さずに走行することができる。

このAMG 400Vバッテリーが高性能を実現する土台となっているのが、革新的な直接冷却方式となる。非導電性の液体をベースとする高度な冷却液を循環させて560個のセルすべてを個別に直接冷却する方式を初めて採用し常に最適な作動温度に保たれる。

そして直接冷却方式を採用するために、厚さわずか数ミリという新しい薄型冷却モジュールを開発した。約14Lの冷却液を高性能電動ポンプでバッテリーの上から下まで全体に循環させて各セルを冷却するとともに、バッテリーに直接取り付けられた油水熱交換器内も通過。

こうして熱は車載の2つの低温(LT)回路の一方に伝えられ、そこからまた車両のフロントにあるLTラジエターに伝わって、そこで外気中へ放出され、バッテリー内の熱分布を均一に保つように考えられたシステム。

その結果、バッテリー温度は充放電の頻度に関係なく、平均45℃という最適な動作温度範囲内に常に保たれる。高速走行時などバッテリーが高温となる過負荷時には、直接冷却によって温度を下げる保護メカニズムが設けられている。

AMGハイパフォーマンスバッテリーはサーキットでハイブリッドモードによる高速走行を行うなど、加速(バッテリーが放電する)と減速(バッテリーが充電される)が頻繁に発生する場合でも優れた性能を維持する。

ツインスクロールターボチャージャーを2つ搭載

GT 63 S E PERFORMANCEが搭載するAMG 4.0L V8ツインターボエンジンは、最高出力470kW(639PS)、最大トルク900Nmのパワーユニットとなる。

しかも、最大トルクを2,500~4,500rpmと広い回転域で発生。こうした特性により、発進時点から320Nmの最大トルクを発生する電気モーターとの相性抜群なエンジンとなっている。

高出力の実現にも寄与する2個のツインスクロールターボチャージャーは、低回転域での最適なレスポンスと、中高回転域での力強いパワーの伸びを両立させている。

また、タービンハウジングが2つに分割され、並行するフローポートとなっている。これに加えてエグゾーストマニホールドも2本に分かれているため、タービンホイールに働く排出ガスの運動量を個別に制御することが可能となっている。

一方のエグゾーストマニホールドには、同一シリンダーバンクの1番目および2番目のシリンダーからの排気が、他方には3番目および4番目のシリンダーからの排気が、それぞれ供給される。これは、シリンダー間の相互干渉を防いでガスサイクルを改善するためのもので、これにより排圧が低減され、排気の抜けが改善される。

そして電装品に電力を供給するBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)は、ジェネレーターとスターターを1つのモーターに統合したもので、出力は10kW(14PS)となっている。

エンジンを始動させるほか、例えば、赤信号停車時に高電圧バッテリーの充電レベルが低電圧の車載電気システムをサポートするのに十分でない場合などに、クライメートコントロールやドライビングライトなどの電装品に対して基本的な電力を供給する。

なお、このBSGは400V高電圧電気システムに組み込まれているため、レスポンスがきわめて良好となる。

AMG RIDE CONTROL+エアサスペンションを標準装備

GT 63 S E Performance(欧州仕様)

AMG RIDE CONTROL+エアサスペンションは、セルフレベリング機構付きマルチチャンバーエアサスペンションをベースに、減衰力特性の調整が可能な電子制御アダプティブダンパーと組み合わせたシステムで、ダンパーにはプレッシャーリリーフバルブを2個採用している。

1つはダンパーの伸び側で発生するリバウンドダンピングを制御するバルブ、もう1つは縮み側で発生するコンプレッションダンピングを制御するバルブ。

これにより、ダンパーの伸び側と縮み側をそれぞれ制御することが可能となった。最小減衰力と最大減衰力の幅を広げ、制御マップの柔軟性をさらに高めることで、快適性を高める一方で、スポーティなドライビングダイナミクスの両立を実現した。

GT 63 S E Performance(欧州仕様)

さらにGT 63 S E PERFORMANCEには、AMG カーボンセラミックブレーキを標準装備している。キャリパーは前がブロンズカラーの6ピストン固定式、後がシングルピストンのフローティング式となっている。

高度なドライビングダイナミクスに合わせて変更が加えられたもので、カーボンセラミック製のディスクのサイズが前420×40mm 、後380×32mmと、ガソリンエンジンのみを搭載したモデルよりも大型化されている。

苛酷な使用条件下でのきわめて短い制動距離と最大限の安定性、耐フェード性が特長で、しかも耐摩耗性が高い上、レスポンスにも優れている。

さらに、軽量材料を採用することで、バネ下重量も低減されている。快適機能としては、ヒルスタートアシストのほか、ウェットコンディションで役立つプライミング/ドライブレーキ機能を備えている。

【メーカー希望小売価格】

メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCE 33,400,000円(税込)

関連情報:https://www.mercedes-benz.co.jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。