小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事を奪うのはAIではなく「AIを使い倒している人」という現実にどう向き合っていくべきか?

2024.02.16PR

2024年1月24日、DIME初のビジネスカンファレンス「DIME Business Trend Summit」が開催された。当日はオンラインでの同時配信も実施。ビジネスの第一線で活躍する著名人が登壇し、様々な視点から新たなヒット商品、サービスを生み出すためのヒントを共有。時代を生き抜くための気づきが詰まったセッションの様子を当日の画像を用いてレポート!

全ビジネスマン必見!ほかでは絶対に聞けない門外不出の貴重な話が聞ける「DIME Business Trend Summit」のアーカイブ動画が配信中!

※アーカイブ配信はコチラからご覧いただけます。

「DIME Business Trend Summit」アーカイブ動画配信中!糸井重里さんなどビジネスの第一線で活躍する著名人が多数登壇

2024年1月24日に開催されたDIME主催のビジネスカンファレンス「DIME Business Trend Summit」。 ビジネスの第一線で活躍する著名人...

藤井保文氏
株式会社ビービット執行役員CCO兼東アジア営業責任者
東京大学大学院 情 報学環・学際情報学 府修士課程修了。株 式会社ビービット 執行役員CCO兼 東 アジア営業責任者。

馬渕邦美氏
株式会社松尾研究所 パートナー/元META執行役員
米国のメガ・エージ ェンシー・グループ の日本代表として4社 のCEOを歴任。その 後、META社執行役 員を経て現職。

MC:グローバー氏
ソロアーティスト、ラジオパーソナリティー
音楽活動を行なう傍ら、ラジオやテ レビなど各種メディアなどでも活躍。ナレーションやラジオパーソナリティーも務める。

危機感を共有して実際に「使う」

ChatGPTの登場により、一躍脚光を浴びたAIの活用。「人の仕事が奪われる」とネガティブな意見も飛び交う中で、企業に おいて着々とAIの実装が始まっている。ビジネスセッション「ビジネスの現場でどうAIを 活用すべきか?AIで変わる新しい働き方」では、専門家のふたりが日本企業におけるAIの活用について語った。

今は「第四次AIブーム」

「今年、 あっという間にAIで便利になる体験が、始まってくると思います」(馬渕氏)

藤井氏は、日本企業がAIの導入を進めていくために必要なことについてこう話す。「『全員で危機感を共にすること』と実際に『使う』ことが大切」(藤井氏)

部署ごとにAIチャンピオンを

「その人がほかの仕事を見て『無駄なことをしているな』という部分を書き留めて、 AIの命令文 (プロンプト) を配るんです。どれくらい時間が短縮されたか教えてくれと言えば、あっという間に活用率は5〜6割にいきますよ」(馬渕氏)

とにかくAIは〝使った者勝ち〟

「結局、『AIを使い倒しているやつ』に仕事が奪われるんです」(藤井氏)

目の前に1万人の優秀な人がいて、『24時間働けるんですが、何か仕事をください』と言っているイメージです」(藤井氏)

***

全ビジネスマン必見!ほかでは絶対に聞けない門外不出の貴重な話が聞ける「DIME Business Trend Summit」のアーカイブ動画が配信中!

※アーカイブ配信はコチラからご覧いただけます。

「DIME Business Trend Summit」アーカイブ動画配信中!糸井重里さんなどビジネスの第一線で活躍する著名人が多数登壇

2024年1月24日に開催されたDIME主催のビジネスカンファレンス「DIME Business Trend Summit」。 ビジネスの第一線で活躍する著名人...

DIME最新号にてイベントレポートも掲載中!特集はタイパが爆上がりの「AI仕事術」

***********************
DIME2024年4月号

【Amazonで買う】
【楽天ブックスで買う】
【セブンネットショッピングで買う】

取材・文/久我裕紀 撮影/黒石あみ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。