小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

慣れたら手放せなくなる4インチ、5インチの小型スマホ、どんな機種がある?

2024.01.28

動画視聴やアプリゲームなど、スマートフォンで楽しめるコンテンツが年々増えていくのに合わせ、大型のディスプレイを搭載したスマートフォンが多くなってきています。

比較的コンパクトなサイズで知られる「iPhone 15」や「Galaxy S23」でも、ディスプレイサイズは約6.1インチとなっており、数年前に見られた4インチ台、5インチ台のスマートフォンは、今や絶滅危惧種ともいえるほど目にしなくなってしまいました。

携帯性がよく、軽量で操作がしやすいコンパクトなスマートフォンをこれまで愛用してきた人にとっては、製品選びが難しい時代ともいえます。では、執筆時点(2024年1月)で、4インチ台、5インチ台のスマートフォンは、日本でも販売されているのでしょうか。

4インチ台、5インチ台のおすすめSIMフリースマートフォン! ハイエンドモデルもある?

早速、執筆時点でも購入できる、コンパクトなスマートフォンをいくつか紹介していきます。

現行のiPhoneシリーズでは、先に触れた通りiPhone 15が約6.1インチ。念願のコンパクトモデルとして登場したiPhone 12 mini、iPhone 13 miniは、執筆時点でApple Storeでの取り扱いを終了しています。そのため、最もコンパクトな現行モデルは、4.7インチディスプレイを搭載したiPhone SE(第3世代)となります。

Androidスマートフォンとしては、auから販売されているTORQUE G06が約5.4インチ、SIMフリースマートフォンのZenfone 10が約5.9インチといったように、数こそ少ないものの、5インチ台のスマートフォンも最新モデルが登場しています。

TORQUE G06

4インチ台、5インチ台のコンパクトスマホは中古購入もあり?

上述のように、5インチ台のAndroidスマートフォンは、執筆時点でも販売されていますが、数が少ないのも事実。また、iPhoneシリーズでいえば、シングルカメラを搭載したiPhone SE(第3世代)のみが現行モデルとなっているため、気に入ったモデルが見つからないこともあるはずです。

それでもコンパクトモデルが欲しいという人は、中古スマートフォンを探すのもおすすめ。中古スマートフォンは、個人間で売買ができるサービスのほかにも、専門店が用意されていたりと、比較的安心して購入できる環境が整ってきています。

在庫状況は店舗やタイミングによってもまちまちですが、iPhone 12 miniやiPhone 13 miniといったモデルが購入できることもあるので、根気強く探してみましょう。

小型スマホは絶滅危惧種!? 5インチ以下、4インチ台の〝超小型スマホ〟にメリットはある?

冒頭でも触れた通り、近年のスマートフォンはディスプレイが大型化している傾向にあります。ある意味、時代に逆行しているともいえる小型スマートフォンには、どのような魅力があるのでしょうか。

4インチ台、5インチ台の小型スマホの魅力は軽量ボディの扱いやすさ! どんなメリットがある?

4インチ台、5インチ台のスマートフォンの魅力は、やはり携帯性の高さです。中には胸ポケットにも収まる程度のモデルもあるので、持ち運びやすさは大画面モデルにない魅力といえます。本体を横向きにして写真撮影をする際などにも、扱いやすいでしょう。

Zenfone 10

また、ディスプレイがコンパクトなスマートフォンは、片手でも比較的操作がしやすいのが特徴。フリック入力も行いやすいと感じる人が多いはずです。

特に使いやすいのは「FeliCa搭載」の小型スマートフォンか

コンパクトなスマートフォンの中でも、おサイフケータイ機能が利用できる、「FeliCa」を搭載したモデルがおすすめ。扱いやすい本体サイズなので、改札を通る際や、タッチ決済を行うタイミングで、取り出しやすく、スムーズに決済をすることができます。

小型スマホのコンパクトな携帯性が欲しいなら折りたたみスマートフォンもあり?

小型スマートフォンの携帯性や、ポケットに収まるサイズ感に魅力を感じているのであれば、近年登場している縦折りタイプの折りたたみスマートフォンもおすすめ。代表的なモデルといえるGalaxy Z Flip5はサブディスプレイ(アウトディスプレイ)が約3.4インチ、motorola razr 40 Ultraは約3.6インチといったように、一般的なスマートフォンの約半分のサイズ感で携帯できるのが強みです。

Galaxy Z Flip5

縦折りスマートフォンは、15万円前後する高価なモデルが多くなっていますが、2023年末には、購入方法次第で10万円以内となるmotorola razr 40のような製品も登場しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

※データは2024年1月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。