小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

利用したことがある宅食サービスTOP3、3位nosh、2位ニチレイフーズダイレクト、1位は?

2024.01.28

画像はイメージです

MMDLaboが運営するMMD研究所は、18歳~69歳の男女5000人を対象に「宅食サービスに関する調査」を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

自身で食事を作ることに男性43.4%、女性63.9%が負担を感じている

18歳~69歳の男女5000人を対象に、自身で食事を作ることへの負担を聞いたところ、「負担に感じる」が21.9%、「やや負担に感じる」が31.7%と合わせて負担に感じると回答した人は53.6%となった。

性別で見ると、負担に感じると回答した割合は男性(n=2,523)が43.4%、女性(n=2,477)が63.9%となっている。

次に自身で食事を作る4,078人を対象に、自身で食事を作る際に重視することを聞いたところ、重視度が高いのはおいしさが91.0%、次いで手軽さが89.3%、コストが88.2%となった(「重視している」と「やや重視している」の合算割合)。

■食事を作らないときに最も利用するものは「お弁当・テイクアウト」

食事を作らないときに最も利用するものを聞いたところ、「お弁当・テイクアウト」が25.7%と最も多く、次いで「インスタント食品・レトルト食品」が24.0%、「チルド食品・冷凍食品」が20.5%となった。

これを年代別に見ると、10代(n=144)、40代(n=1109)、50代(n=1115)は「お弁当・テイクアウト」、20代(n=808)は「外食」、30代(n=870)は「インスタント食品・レトルト食品」、60代(n=954)は「お弁当・テイクアウト」と「インスタント食品・レトルト食品」がそれぞれトップとなった。

利用経験があるサービス上位は「ワタミ」「ニチレイ」「nosh」

宅食サービスを利用したことがあるか聞いたところ、「利用したことがある」と回答したのは21.8%。

年代別で見ると、利用したことがあると回答した割合は、10代(n=144)が40.3%と最も高く、次いで20代(n=808)が39.7%、30代(n=870)が29.5%だった。

続いて宅食サービスを利用したことがある1092人を対象に、利用したことがあるサービスを聞いたところ(複数回答可)、「ワタミの宅食ダイレクト」が18.2%と最も多く、次いで「ニチレイフーズダイレクト」が16.4%、「nosh」が15.7%という結果になった。

続いて、メイン利用の宅食サービスを聞いたところ、「ワタミの宅食ダイレクト」が11.3%と最も多く、次いで「nosh」が9.6%、「ニチレイフーズダイレクト」が8.7%で続いている。

■メイン利用の宅食サービスの利用理由は「栄養バランス・体調を考慮した食事になっているから」

宅食サービスを利用したことがある1,092人を対象に、メインで利用している宅食サービスを利用している理由を聞いたところ(複数回答可)、「栄養バランス・体調を考慮した食事になっているから」が30.8%と最も多く、次いで「食事の準備にかける時間を短縮できるから」が28.9%、「すぐに食べることができるから」が28.8%となった。

これを利用上位5サービス別に見ると、ワタミの宅食ダイレクト(n=123)、nosh(n=105)、ニチレイフーズダイレクト(n=95)は「栄養バランス・体調を考慮した食事になっているから」、食宅便(n=79)は「スーパーへ買い物に行く手間を減らせるから」、健康うちごはん(n=61)は「食事の準備にかける時間を短縮できるから」がそれぞれトップとなっている。

■宅食サービス未利用者の利用意向は19.1%、若年層の利用意向が高い傾向

宅食サービス未利用者3,908人を対象に、宅食サービスの利用意向を聞いたところ、「利用したいと思う」が2.8%、「やや利用したいと思う」が16.3%と合わせて利用したいと思うと回答したのは19.1%となった。

年代別で見ると、利用したいと思うと回答した割合は、10代(n=86)が29.1%と最も高く、次いで20代(n=487)が24.4%、30代(n=613)が20.6%で続いている。

調査概要
調査名/宅食サービスに関する調査
調査期間/2023年12月26日~2024年1月5日
有効回答/5000人 ※人口構成比に合わせて回収
調査方法/インターネット調査
調査対象/18歳~69歳の男女

関連情報
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_2302.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。