小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乾燥が気になる人は8割以上!睡眠のプロが教える「就寝時の乾燥対策」

2024.01.26

三菱電機 霧ヶ峰PR事務局は、2023年12月16日〜18日の期間、東京・大阪在住の男女600名を対象に「冬の室内環境に関する調査」を実施。結果をグラフにまとめて発表した。

また同調査の上記の結果を受け、睡眠環境プランナーである三橋美穂さんより、寒さが本格化している今の時期に有効な「就寝時の乾燥対策」を、そして三菱電機の“換気のプロ”より「寝室で有効な結露対策」について解説してもらった。

「就寝時の乾燥対策」に満足していない人は4人に1人以上

グラフ1

グラフ2

調査によると、冬にエアコン暖房をつけて就寝する際、「乾燥」が「気になる」「どちらかといえば気になる」と回答した人の合計は84.8%となった(グラフ1)。

また、エアコン暖房を使用する際に「窓や壁の結露」が「気になる」「どちらかといえば気になる」と回答した方の合計は68.3%という結果となっている(グラフ2)。

グラフ3

グラフ4

「就寝時の乾燥」と「窓や壁の結露」それぞれについて何か対策をしている、もしくは過去にしたことがあるか質問したところ、「就寝時の乾燥」については74.0%が「対策を行っている/行ったことがある」と回答した(グラフ3)。

一方、乾燥対策を行ったことがある人に「自身の乾燥対策に満足しているか」と質問したところ、「満足していない」「どちらかといえば満足していない」と回答した人の合計は28.8%となり、3~4人に1人が自身の乾燥対策に満足していないことがわかった(グラフ4)。

グラフ5 

グラフ6 

また、「結露」の対策をしたことがない人は52.2%となり(グラフ5)、その理由は1位「面倒だから」44.5%、2位「対策の仕方がわからないから」39.5%となった(グラフ6)。

この結果から、結露対策を行っていない人のうち、2~3人に1人が対策の仕方をわかっていないことが判明した。

グラフ7

加えて、室内の結露が「気になる」「やや気になる」と回答した方に、具体的に結露が気になる場所はどこか質問したところ、1位「寝室」75.4%、2位「リビング」70.2%、3位「玄関」13.7%となった(グラフ7)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。