小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子育て世代の強力助っ人!ポーチの上に子どもを座らせるラッキー工業のヒップシート「POLBAN ADVANCE」が便利すぎる

2024.01.27

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

今回はヒップシートという子育てツールを紹介する。

子育てにおいて子どもの抱っこは避けては通れないが、一般的には「抱っこ紐」と呼ばれるカテゴリのツールが使われることが多い。

こちらは“紐”と付いているだけあって、抱っこした子どもと親を紐状のツールで固定するものだが、「着脱が手間」「かさ張る」などのデメリットもある。

一方ヒップシートはそうしたデメリットを軽減するいわば抱っこ紐の簡易版のようなツールである。

今回はその中でもラッキー工業株式会社から発売されているヒップシート『POLBAN ADVANCE』を紹介する。

特に生後半年から3歳までの子どもを育てている人は、是非参考にしてもらいたい。

『POLBAN ADVANCE』とは

『POLBAN ADVANCE』は冒頭でも述べた通り、ヒップシートと呼ばれる抱っこ紐の簡易版のようなジャンルの製品である。

製品の仕様としてはこのように少し大ぶりなウエストポーチのような形状をしており、実際にウエストポーチとしても使用することができる。

使用するときは腰にこの製品を付けた状態で子どもを抱っこし、子どもをこの製品の上に座らせる、というのが基本的な使用方法となる。

ご覧のように子どもをこの製品の上に座らせたり降ろしたりするだけなので、その動作時間も短く、頻繁に繰り返しても手間が掛からない点がヒップシートの最大の利点である。

ちなみに『POLBAN ADVANCE』では子どもが座る部分(メッシュクッション)にずり落ち防止ストッパーとすべり止めセーフティーシートが設けられており、子どもの快適性と共に安定した抱っこを可能にしている。

もちろん、抱っこ紐と異なり子どもの背中を支えるパーツがないため、子どもの背中に手を回して支えることが必須となる。あくまで子供の体重を分散させることで負担を軽減する、抱っこを補助するツールと考えてもらいたい。

なお、心配な人は別売りの『SINGLE SHOULDER』を使用すると、ご覧のように抱っこ紐のようにより抱っこは安定するが、それでもやはり手放しはせずに子どもの背中に手を回して支えることは必要だ。

対象年齢は生後7か月から36ヶ月とされている。その間、一口に抱っこと言っても色んなタイプの抱っこが子育てにおいては出てくるが、「対面抱っこ」「前向き抱っこ」「腰抱っこ」のいずれにも本製品は対応している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。