小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

欧州、中国、韓国など海外メーカーが続々参入!EV戦国時代を日本メーカーは勝ち抜けるか?

2024.01.30

 日本メーカーの開発が停滞している間に海外メーカーは、次々と新しい電気自動車(EV)を開発し、日本市場へ新型車を投入している。日本ではいまだ充電施設不足や実用性など、問題は山積しているものの、欧州だけでなく中国や韓国などアジアのメーカーも日本市場に参入しており、まさに戦国時代の様相を呈している。

 これまでドイツメーカーは、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、VW、ポルシェなど高級車の流れを組むEVが多かった。メルセデス・ベンツは『GLA』でも600万円台。ようやくVWがエントリーグレードを499万9000円で投入した。一方、フランス車はプジョー『e208』(469万4000円)、イタリア車はフィアット『e500』(473万円)などが登場。ここにきて、今回紹介した『ID.4』やテスラ『モデルY』のようなサイズのEVも500万円を切る価格で発売され始めた。EVもいよいよ、価格や形状を比べながら選べる時代へと進み始めた。

ボルボ『EX30』

月額9万5000円(サブスク)ボルボ『EX30』

ヒョンデ『KONA』

399万3000円〜ヒョンデ『KONA』

取材・文/石川真禧照

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2023年11月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。