小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年下半期のモバイルゲーム収益ランキング、3位プロ野球スピリッツA、2位FGO、1位は?

2024.01.23

『Pokémon Sleep』や『呪術廻戦 ファントムパレード』など、2023年も多くのモバイルゲームが注目を集めた。では、2023年の下半期で人気となったゲームはどれなのだろう。

Sensor Towerは、モバイル市場のトレンドを把握するべく2023年下半期の日本のモバイルゲームの収益、ダウンロード数、成長量の調査を実施したので、結果をお伝えしよう。

2023年下半期日本のモバイルゲーム収益トップ4は変わらずモンスト、FGO、プロスピA、ウマ娘がランクイン

Sensor Towerのデータによると、2023年上半期日本のモバイルゲームの収益では、『モンスターストライク』(MIXI)がトップとなった。同作は2022年下半期日本のモバイルゲーム収益においても1位で、今期では収益2.8億ドル以上を記録。

2022年下半期日本のモバイルゲーム収益では、『プロ野球スピリッツA』(KONAMI)と『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)が入れ替わってはいたが、トップ4までの顔ぶれに変化はない。

また、2023年下半期日本のモバイルゲーム収益上位6タイトルが日本のパブリッシャーによるモバイルゲームであった。

新規タイトルとしては唯一、『崩壊:スターレイル』(miHoYo)が8位にランクイン。2023年4月にリリースされたターン制RPGの同作は、リリース直後から日本でも人気となり、2023年下半期において日本は中国に次ぐ2番目の市場となっている。

2023年下半期日本のモバイルゲームダウンロード数では、『ロイヤルマッチ』(Dream Games)が1位で、僅差で『Pokémon Sleep』(The Pokemon Company)が2位となった。

2023年7月にリリースされたPokémon Sleepは、睡眠をゲーミフィケーションした新しいジャンルのモバイルゲームで、2023年下半期において日本は収益で70%以上、ダウンロード数で30%以上を占め、世界最大の市場となっている。

ダウンロード数においては、『呪術廻戦 ファントムパレード』(Sumzap)が4位に入っていた。2023年11月にリリースされた呪術廻戦IPを活用した初のモバイルRPGの同作は、集計期間がひと月あまりであることを考えると、その勢いがわかる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。