小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダ「N-ONE」を迎え撃つセレナの弟分、日産「ルークス ハイウェイスターGターボ」の完成度

2024.01.21

 2009年に日産「デイズ ルークス」という車名でデビューしたスーパーハイトワゴンは、2020年2月のフルモデルチェンジで、日産「ルークス」に車名変更した。日産と三菱の合併で設立されたNMKVで企画、開発したスーパーハイトワゴンは、大人4人がゆったり過ごせる広い室内と荷室スペースを確保。後席のニールームは795mmもあり、日産車の中では上級セダンの「シーマ」を上回る快適性を実現している。

使い勝手のよい軽ファミリーカー

 乗降性も後席スライドドアは、開口部が650mmを確保、片足を車体の下にかざすだけで自動で開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側に設定するなど、使い勝手のよい軽ファミリーカーとして人気を得ている。

 運転支援機能も、日産が「デイズ」で初めて搭載した「プロパイロット」は、さらに進化し、新しく採用したミリ波レーダーは、前方を走行する2台前の車両の動きを検知して、ドライバーに注意を促す「インテリジェント前方衝突予測警報」を搭載している。

 2023年4月にマイナーチェンジした最新モデルは、まずデザイン面での大きな変更に気が付く。「ハイウェイスター」のフロントマスクは、グリルにVモーションを採用。これはセレナとの共通イメージだ。ノーマルグレードではヘッドランプとグリルを一体化し、バンパー下部に大きなグリルを配置している。

 安全面でのトピックは、ルームミラーの画像を、ボディ後部に装備されたカメラによりワイドな後方視界が得られる「インテリジェントルームミラー」を採用した。これは後席に子供や家族を乗せる機会の多い人には、後方視界を確保するのに、とても便利な装備だ。さらに「LEDヘッドランプ」「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」も全車標準装備としている。

 試乗したのは「ハイウェイスター」シリーズだが、さらに新しく「プラズマクラスター技術搭載リアシーリングファン」「パーソナルテーブル」「カップホルダー」「USBソケット」「ロールサンシェード」「撥水加工シート」が標準装備になっている。これはいずれも以前「快適パック」としてオプションだったものだ。さらに本革巻きのステアリングヒーターもFF車はメーカーオプション、4WDは標準装備で用意された。と、メーカーの資料によるマイナーチェンジモデルの内容は以上だ。

 ということはパワーユニットや足回りに関しては、キャリーオーバー。直列3気筒659ccターボ、64PS、100Nm+27PS、40Nmのモーターも、数値は変わっていない。フロントにストラット、リアにトーションビーム(4WD)のサスペンションも変わっていない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。