小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Z世代3000人に聞いた利用している音楽サブスクサービスTOP3、3位LINE MUSIC、2位Spotify、1位は?

2024.01.25

音楽や動画を楽しむうえで、今やサブスクリプションサービスは欠かせないものとなっている。では、イマドキのZ世代は、どんな音楽サブスクや動画配信サービスを利用しているのだろうか?

ペンマークはこのほど、学生向け学習管理SNS「Penmark」を利用している現役学生3,120名を対象に「Z世代のサブスクリプションに関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。

Z世代の音楽サブスク利用率、Apple Musicが34.3%で首位

音楽サブスクリプションサービスの利用に関しては、「Apple Music(34.3%)」が最も高く、以下「Spotify(25.2%)」、「LINE MUSIC(14.4%)」と続く。

Apple Musicは、ブランド力と空間オーディオの活用、約1億曲を超える多様な音楽コンテンツの提供を通じて特に音楽を深く楽しむ学生たちに支持されている様子。

一方、Spotifyは無料プランの提供、幅広いジャンルの音楽提供に加えて、アプリ内でのポッドキャスト利用や、充実したプレイリストなど、ユーザーカスタマイズ機能で若年層の心を掴んでいる。LINE MUSICは、日本国内での知名度とLINEアプリとの連携により利用者数を増やしている模様だ。

また、消費者庁のデータによると※、若年層では特に動画配信・音楽配信の利用が増加している。音楽サブスクリプションサービスの利用に関しては、20代では平均して一人当たり3つ以上のサービスを利用しており、音楽を生活の一部として取り入れていることがうかがえた。

Z世代注目の動画コンテンツ、アニメがトップ。Amazon Prime VideoとABEMAが強い人気

Z世代が動画配信サービスで最も魅力的だと感じるジャンルについて、1位は「アニメ(32.2%)」、2位は「映画(26.3%)」、そして3位は「ドラマ(11.9%)」となった。

利用されている動画配信サービスとしては、「YouTube(36.8%)」が最も多く、次いで「Amazon Prime Video(22.0%)」、「Netflix(13.8%)」、「ABEMA(10.5%)」という結果に。

YouTubeを除く上位3つのサービスを選んだ学生が、動画配信サービスで最も魅力的だと感じるジャンルは以下となった。

・Amazon Prime Video: 1位「アニメ(38.1%)」、2位「映画(29.0%)」、3位「ドラマ(11.1%)」
・Netflix: 1位「映画(33.0%)」、2位「アニメ(30.7%)」、3位「ドラマ(16.9%)」
・ABEMA: 1位「アニメ(33.4%)」、2位「映画(22.3%)」、3位「ドラマ(14.0%)」

Amazon Prime VideoとABEMAはアニメの人気が高く、それぞれ約760作品、約1,000作品を提供しており、アニメファンにとって豊富な選択肢が提供されている。

日本動画協会のレポートによると、アニメ業界は過去最高の市場規模2兆9277億円を記録し、引き続き成長が予想される。

学年別の傾向では、1年生と2年生はAmazon Prime VideoとABEMAを好む傾向があり、3年生と4年生はNetflixの利用が多いことから、若い学年ほどアニメジャンルに強い関心を持っていることが窺えた。

※消費者庁「サブスクリプション・サービスの動向整理

<調査概要>
調査対象:「Penmark 公式LINEアカウント」を利用中の学生
対象エリア:日本全国
調査期間:2023年10月12日~10月18日
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
有効回答数:3,120人

出典元:ペンマーク

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。