小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブーム拡大!伊勢丹新宿店が香水売り場を拡大した理由

2024.01.25

コロナ禍でのライフスタイルの変化のなかで、大きく売り上げを伸ばしたのが、香りのアイテムだ。自宅での時間が増えたことによるルームフレグランス需要や自分の気分を演出するための香りなど、1種類だけてなく使い分けるニーズが起きている。

伊勢丹新宿店では2023年は香水販売を売り場拡大・SNS施策で強化

伊勢丹新宿店における2023年1?6月の香水の売上は、前年同期比約40%増と伸長。その好調を受け、本館1階の化粧品売り場ではフレグランスコーナーを3ブランド増やし、広さは1.5倍に拡張、伊勢丹新宿店での販売傾向でも、2019年末からの新型コロナウイルスの蔓延によって外出機会が減り、自宅での時間が増えたことで香りを自宅で楽しむ文化が根付いたと見ている。

香りの商品のなかでも家で楽しむバス・ボディ向けのものが売り上げアップ。加えて在宅勤務が増えたことで、香りで仕事とプライベートの切り替えをすべく、そのアイテムとしての香水にも関心が高まったという。

伊勢丹新宿店では毎年開催する香水の祭典「サロン ド パルファン」は年々規模が拡大し、2023年度開催時の売上は過去最高を記録。会期中の香水に関するセミナーも開催前に予約が満席になるなど、より深く知りたいという層が増えている。

2023年10月12日(木)から17日(火)まで6日間に渡って開催された「サロン ド パルファン 2023」の会場。

初めて異なるブランドの香りを組み合わせたコフレも販売

同社が展開する人気催事であるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」はバレンタイン商戦前に開催されるイベントとして入場整理券が発行されるほどの人気になっているが、「サロン ド パルファン」も毎年秋の恒例催事として定着してきた感がある。

「マニアの方ももちろんなんですけど、今後は初心者の方の来場をもっと増やしていくことを目指しています。最初のきっかけは、“香りの文化を日本に広げよう”ということでした。日本にも香りの文化はありますが、使い方や使い分けなど、日本だとまだまだ伝わってないことが多いと思っています。我々としては、もっと香水の魅力を広めていきたいと考えています」(伊勢丹新宿店 化粧品バイヤー 中尾絵莉さん)

催事や店頭以外にも、継続的にその魅力を伝えるべく、「サロン ド パルファン 2023」の開催と同時期にオンラインの香水コミュニティ「Perfun」を三越伊勢丹WEB上に開設。香水の新商品やバイヤーなどの情報の発信に加え、ユーザー側からの投稿テーマやオンライン・オフライン両方でのイベントの開催などを実施。香水沼にハマる人を取り込み、繋ぐ試みを行っている。

Perfunの画面。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。