小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンの5人に1人が通勤中に仕事、最多は「メール、チャットの返信」

2024.01.22

法人会員向けに与信管理クラウドサービスを提供するリスクモンスターは、第1回となる「通勤時間の仕事活用実態」調査を実施。結果をグラフと図表にまとめて発表した。

通勤時間は、リラックスの時間と捉える人もいれば、仕事をスムーズに進めるための準備時間と捉える人もいる。

1日に片道1時間の通勤時間を要すれば、年間でおよそ500時間の通勤時間が生じていることになる。現在、時間を有効活用できていないと感じる人は、本調査結果を参考に通勤時間の有効活用の道を探ってみるのもいいかもしれない。

通勤時間の仕事(準備含む)実施状況について

ビジネスパーソンを対象に、通勤時間に仕事またはその準備(以下、仕事をしている)をしているか調査したところ、「仕事をしている」は21.0%となり、約8割は「仕事をしていない」ことが明らかとなった。(図表A)

通勤時間別にみると、通勤時間「60分未満」では8割が「仕事をしていない」と回答する一方で、通勤時間が「60分以上」では4人に1人が「仕事をしている」(回答率26.1%)結果となり、通勤時間が長いほど仕事をしている割合が高い傾向がみられた。(図表B)

■通勤時間に実施している仕事(準備含む)の内容

通勤時間に仕事をしている人に対し、その内容を調査したところ、「メール、チャットの返信」(回答率39.9%)が最も多く、以下、「情報収集」(同37.5%)、「仕事の段取りの計画」(同28.6%)と続いた。

通勤時間別では、「30分未満」において、「仕事の振り返り」(同33.9%)や「仕事の段取りの計画」、「メール、チャットの返信」(各同30.5%)が多く、短時間で完了する作業が行われている傾向がみられる。

また、「30分~60分」では、「情報収集」(同44.4%)や「メール、チャットの返信」(同34.9%)など、スマートフォンでも完結する作業を中心に行われている。

これに対して、「60分以上」になると、約半数が「メール、チャットの返信」(同58.7%)や「情報収集」(同47.8%)を実施しているほか、「会議、プレゼン、商談等の準備」(同34.8%)や「資料作成」(同32.6%)など、パソコンの使用が想定される作業についても実施者が多くなることが顕著に表れており、通勤時間と仕事の内容に関係性が推察できる結果となった。

■通勤時間に仕事(準備含む)をしている人の仕事以外の主な過ごし方

通勤時間に仕事をしている人に対し、仕事以外の主な過ごし方を調査したところ、1位「Webニュースのチェック」(回答率31.5%)、2位「音楽鑑賞・ラジオ聴取」(同21.4%)、3位「SNSチェック・投稿」(同17.3%)となり、「Webニュースのチェック」は通勤時間に関わらず、最多の回答率となった。

概ね、どの項目においても、通勤時間が長くなるにつれて、実施割合も高くなる傾向が表れているが、「考え事」や「運動・ストレッチ」においては、「30分未満」における実施率が最も高くなっており、それらは、短時間で行なえたり、徒歩通勤などの中で取り組めたりすることが要因と考えられる。

調査結果まとめ

今回の調査によって、「通勤時間に仕事またはその準備をしている(以下、仕事をしている)」と回答した人は、ビジネスパーソンの5人に1人に留まり、約8割は「仕事をしていない」ことが明らかとなった。

「仕事をしている」割合としては、通勤時間が「60分以上」では、4人に1人が仕事をしていることがわかり、通勤時間が長い人ほど、仕事の時間として有効活用している様子が表れている。

会社までの通勤時間が短い「30分以内」では、電車以外にも徒歩や自転車、自動車通勤などスマートフォンを扱いにくい通勤手段が想定され、通勤時間中の仕事内容については、「仕事の振り返り」や「仕事の段取りの計画」といった、通勤手段に関わらない仕事をしている傾向がみられた。

通勤時間が長くなるとスマートフォンで作業可能な「メール、チャットの返信」、「情報収集」などの仕事をする割合が増え、「60分以上」においては、パソコンでの作業が想定される「資料作成」、「会議、プレゼン、商談等の準備」をしている人が増える傾向があった。

また、通勤時間に仕事をしている人は、仕事以外の時間の過ごし方として「Webニュースチェック」をしている割合が高く、勤務の前後に世間のニュースを確認していることがわかる。

調査概要
調査名称/第1回「通勤時間の仕事活用実態」調査
調査方法/インターネット調査
調査エリア/全国
期間/2023年12月1日(金)~12月4日(月)
調査対象者/有職者の20~59歳の男性400人、有職者の20~59歳の女性400人
有効回収数/800サンプル

関連情報
https://www.riskmonster.co.jp/study/research/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。