小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

先進的な装備と圧倒的なコスパで注目を集めるBYDのコンパクトハッチバック「ドルフィン」の完成度

2024.01.18

 203年1月にEVハッチバック「ATTO 3」を日本市場に初めて投入した中国のBYDが、早くも第2弾のEVとしてコンパクトハッチバック「ドルフィン」を発売した。全長4290mm、全幅1770mm、全高1550mm、ホイールベース2700mmというサイズは、例えば全高は本来1570mmだが、日本市場では立体駐車場の高さ制限が1550mmが多いという、日本からのリクエストに応じる形で、ルーフアンテナの形状を改め、全高を下げている。

日本市場を意識した魅力的な装備

 もう1点、日本市場を意識したのでは? と思えたのが、安全装備のひとつに、「幼児置き去り検知システム」がある。これはミリ波レーダーにより、車内に生命体が取り残されていることを検知すると、ライト点滅やホーンで周囲に知らせるというシステムだ。日本で幼稚園児が送迎バスに取り残されたり、スーパーマーケットやパチンコ店の駐車場に置き去りにされ、悲惨な事故が多い日本の実情を、敏感に感じ取り、標準装備としているのかもしれない。

 そのほかの装備などを調べてみると、実に日本のユーザーのニーズをつかんでいるような気がする。それは、かつて日本車が世界のマーケットで、相手国に合わせたクルマづくりをし、シェアを増やしていった過去とオーバーラップするのだ。とはいえ、クルマは走ってナンボの世界。コラムから生えているシフトスイッチをDに動かす。このポジション設定は慣れを要するが、自身がオーナーになれば問題ではない。

 アクセルペダルを踏み込んで、スタート。ヒューンというEV特有の走行音も発することなく「ドルフィン ロングレンジ」は走り出した。日本で発売される「ドルフィン」は44.9kWhの電池容量、95PS、160Nm、航続距離400km、車両本体価格363万円と、58.56kWh、204PS、310Nm、航続距離476km、車両本体価格407万円の「ドルフィン ロングレンジ」が用意されている。

 試乗したのは後者。乗車時は95%充電で、走行可能距離は496kmを示していた。カタログ表示よりも距離数が多く表示されていたが、EVは前回に走行した時の条件を反映して、表示がされるので、こういうこともおこり得るのだ。それよりも充電率のほうが大切になる。

 スタートからの動きは、特に速いという印象はない。車両重量1560kgは、日産「リーフ」より100kg以上軽く、パワーは大差ないが、軽快さより、大人しい感じだ。しかし、動力性能をテストする時などに、アクセルペダルを全開にすれば、EV特有のトルクの立ち上がりからの全開加速で、0→100km/hを6秒台という、ガソリン2ℓツインターボ車並みの加速力は秘めている。コンパクトファミリーカーという性格上、この爆発力が抑えられているだけなのだ。

 ドライブモードは「NORMAL」を選択したが、「ECO」「SPORT」ではそれぞれ加速感も異なっている。さらに回生モードは「High」「Standard」が選択できるが、ワンペダル操作のような完全停止モードはなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。