小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これ1枚で即時申請!マイナンバーカードは新NISAの口座開設に超便利

2024.01.21

マイナンバーカードに対しては賛否両論ある。ただ、このカードがあることでショートカットできる手続きは複数存在する。

たとえばそれは、新NISAの口座開設手続きにも当てはまる。

全くの偶然だが、新NISAのスタートは「マイナンバーカード以後」になった。これにかかる手続きの簡単さは、旧NISAのスタート当時(2014年)に比べれば「一目瞭然」と言えるほどだ。

もはや紙もペンも、そして印鑑もいらない。

「ハンコのない近未来」が現実に

少し前まで「日本のハンコ文化」に対する議論があった。

この文化には筆者自身も悩まされたことがある。小学館ではないが、とある出版社に記事報酬の請求書を送る際、必ず捺印を求められていた。請求書は紙に出力して郵送する。しかも、筆者が日本ではなく海外にいる時も同様の措置だった。

これは10年前の話ではあるが、そういうことが個人事業主には付きまとっていたからこそ、筆者の他にも「ハンコのない近未来を」と主張するライターが数多くいた。

それは旧NISA口座の新規開設においてもほぼ同様だった。印鑑が必要である以上、最初から最後までオンライン手続きのみで口座を開設できる……とはいかなかった。どこかで必ず紙と封筒が必要だったのだ。

2024年の今では、事情が大きく変わった。まず、銀行口座の開設に必ずしも印鑑は必要なくなった(ただし捺印を求める口座・金融機関は今も存在する)。

それと入れ替わるように個人番号(マイナンバー)が求められるようになったが、実はそのあたりもマイナンバーカードが解決してくれる。

マイナンバーカード1枚で口座開設

現在、多くの金融機関では口座の新規開設手続きで「写真付身分証明書」と「マイナンバー通知カードor個人番号が記載されている住民票の写し」の2点を要求する。

写真付身分証明書とは、もちろん運転免許証やパスポートも含まれる。しかしマイナンバーカードだけは別格扱いで、これがあれば当然ながら個人番号を証明することもできる。

即ち、上記の「マイナンバー通知カードor個人番号が記載されている住民票の写し」を省くことができるのだ。

金融機関によっては「マイナンバーカードがあれば写真付身分証明書は不要」という表現を使ったりもするが、ともかく本人確認書類を一本化できるというのはありがたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。