小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

京丹後市が実施するUberを活用した移動サポートサービス「ささえ合い交通」は日本版ライドシェアの雛形となるか?

2024.01.21

日本人にとってのUberは、専ら「飲食配達サービス」というイメージではないか。

筆者はこんな記事を見たことがある。「ライドシェアとは、要するにUber Eatsのようなもの」と解説する内容の記事だ。

「ようなもの」どころではなく、Uber EatsとはそもそもがUberというライドシェアサービスが始めた事業なのだが、どうも該当記事の筆者はそうした事情に詳しくなかったらしい。

ともかく、Uberとは元々はオンライン配車サービスであり、だからこそ世界中に浸透したのだ。そして実は、日本でも一部の地域で配車サービスとしてのUberが広く利用されている。

京都府京丹後市である。

※イメージ画像

Uberを活用した『ささえ合い交通』

プロ野球の野村克也氏は、京都府竹野郡網野町の出身である。ここは平成大合併以降は京都府京丹後市になった。

海に面したこの地域では、Uberを積極的に利用しようという取り組みが何と2016年から実施されている。二種免許(いわゆるタクシー免許)を持たない地元住民が運転する車両を、Uberのアプリで呼び出す『ささえ合い交通』だ。

料金は最初の1.5kmまで480円、そこからは1km毎に120円の加算。一般ドライバーが車両を運転する以上、敢えて悪い表現を使えばこれは「白タク」である。が、同時にこの『ささえ合い交通』は国から認可された事業でもある。

これは道路運送法に基づく「公共交通空白地有償運送制度」にNPO法人『気張る!ふるさと丹後町』が登録し、同法人により運行されている事業。

この制度は交通インフラが不足している地域に限って登録が認められている。従って、Uberのアプリを利用した際のピックアップは京丹後市丹後町の中に限られる。

ただし、ドロップアウトは京丹後市内であればどこでも可能。また、地元住民だけでなく観光客もこれを利用できる。運行時間は午前8時から午後8時だが、年中無休である。

外来のライドシェアサービスと地元住民が共生している例が、既に日本に存在していたのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。