小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

温泉に潜む藻のエキスが養殖業の未来を変えるか?「温藻ひらめ」に秘められた可能性

2024.01.31

温藻(おんも)ひらめ

 古くから日本人の心と体を癒してきた温泉は、ミネラルなど様々な成分を含む。そんな温泉内に生息する微生物に着目し、ヒラメの養殖に活用した企業がある。別府温泉を擁する大分県「SARABiO温泉微生物研究所」だ。代表取締役会長の濱田茂さんによると、温泉由来の藻類から抽出した『温泉藻類RG92』をヒラメの餌に混ぜて与えたところ、従来40%程度だったへい死(※)率が15%程度にまで激減したという。

「免疫力が低く陸上養殖が難しいうえ、ここ10年の水質変化でへい死率が悪化し、養殖業者も残りわずか。相談を受けRG92を試したところ、劇的に改善しました」

 開発した『温藻ひらめ』は4月から出荷を始め、「肉質も向上し、評判は上々」。さらに餌に加える抗生剤が減り、排水の水質が改善され、周辺水域の環境保全も期待できるそうだ。

 現在、魚だけでなく畜産業へも展開中だと濱田さんは語る。

「子豚や子牛に多い下痢が、RG92投与によりなくなりました。健康かつ経済的な畜産が可能になるかもしれません」

 温泉に潜む、小さな微生物が、未来の養殖・畜産業を大きく変えるかもしれない。

『温藻ひらめ』の立役者『温泉藻類RG92』は、畜産に応用できるうえ、環境にも生体にもやさしい。いずれ機能性表示食品などの形で、人間の健康にも貢献できるかもしれない。

※病気などの要因で突然死すること。

『温泉藻類RG92』RG92は2011年に発見され、15年には特許を取得し、高速培養にも成功している。『温藻ひらめ』は肉厚なうえ、旨味成分のイノシン酸を豊富に含む。

温藻ありなしでヒラメ体重(140日間)の差は85g!

温藻ありなしでヒラメ体重(140日間)の差は85g!RG92を投与したヒラメは飼育開始4か月までへい死個体はゼロ。最終的に通常餌のみの個体に比べてへい死率が半減したのに加え、体重も28%程度増加した。

取材・文/桑元康平

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。