小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「半年に1冊以上本を読む」と回答した割合が最も高いのは男性20代、最も低い世代は?

2024.01.22

“活字離れ”が進んでいると言われて久しい昨今。実際のところ、人々はどのくらい本を読み、またどのようにして本と出会っているのだろうか?

クロス・マーケティングはこのほど、全国20歳~69歳の男女1100名を対象に「読書に関する調査」を実施し、その結果を発表した。

本を読む量が「多いほうだと思う」人は6.3%、「やや多いほうだと思う」人と合わせても14.9%程度

本を読む量について調べたところ、読む量が「多いほう」と回答した人が最も多い年代・性別は、男性20代となったものの、2割に満たなかった。一方、男性50代と女性20代は「少ないほう」、「やや少ないほう」と回答した人の割合が7割を超えていた。

半年間に読む本の量について、半年に1冊以上読むと回答した人は男性20代が60.9%で最も多く、続いて、女性40代が58.2%となった。全般的に読む本の量は少ない傾向にある中で、男性60代は、半年間に「11冊以上」の本を読む人が20.9%と比較的多かった。

本の選び方は、「好きな作家の新刊」「タイトルに惹かれた」で3割台

本の選び方について年代別で調べたところ、50~60代は「好きな作家」、60代は「テレビや雑誌の書評」、30~40代は「店頭での推し本」、20~30代は「SNSで話題」をきっかけに本を購入している人が目立った。

オーディオブックを使っている人、使いたいと考えている人は36.1%に達し、男性では「電車などでの移動中に」、女性は「寝るまでのあいだに、目を使わずに読みたい時」「本を読みたいけれど、目が疲れている時」を利用したいシーンに挙げる人が多かった。

おすすめの一冊を調べたところ、歴史や小説に加え、人間関係や生き方をテーマとした哲学的な本が挙げられた。

<調査概要>
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  :2023年9月8日(金)~9月10日(日)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。