小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最近話題の「デジタルファブリケーション」とは?大人も子供も次世代のものづくりを楽しめる体験スポットまとめ

2024.01.19

新たなものづくりのカタチとして、ビジネスやアート、個人の趣味まで幅広い分野から注目されている「デジタルファブリケーション」。今回は、ものづくり業界で熱い視線を集めるデジタルファブリケーションについて、特徴や気軽に体験できる施設をご紹介します。

デジタルファブリケーションとは?

デジタルファブリケーションとは、デジタルデータをもとに作品やプロダクトを制作する技術のこと。「デジタル(Digital)」+「ファブリケーション(Fabrication=製造・制作)」を組み合わせた造語です。

デジタルファブリケーションでは、頭に浮かんだアイデアを3DCGなどのデジタルデータへ落とし込み、3Dプリンタなどに代表されるデジタル工作機器を使って制作します。デジタル工作機器の小型化や個人化が進んだことから、「デスクトップ・ファブリケーション」と呼ばれることもあります。

【デジタルファブリケーションで一般的に使われるツール】
● 3Dプリンタ
● 3Dスキャナ
● ペーパーカッター
● レーザーカッター
● UVプリンタ
● デジタル刺繍ミシン
● CNCミリングマシン
● CNCルーター
● ロボットアーム
など

実はデジタル工作の技術自体は1980年頃からありました。しかし、デジタルファブリケーションが一般的に注目されはじめたのは2000年代に入ってからです。2007年と2009年に3Dプリンターの特許切れが起こったことでツールの低価格化が進み、急速に市場が広まったのが一因といわれています。

2013年にはデジタルファブリケーション協会が設立され、「デジタルファブリケーション」というワードも知られるようになりました。現在は個人で3Dプリンタなどを使って個人で制作活動をする人も増えています。

デジタルファブリケーションの大きな特徴は、これまで必須だった高度な技術や難解な専門用語の習得なく、クオリティの高い制作が叶うこと。デジタルファブリケーションの普及により個人レベルでのものづくりへのハードルは大きく下がったといわれています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。