小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

対応カードの発行枚数が1億枚を突破、Visaのタッチ決済は決済市場の勝者になれるのか?

2024.01.14

ビザ・ワールドワイド・ジャパンは2023年12月13日、メディアブリーフィングを実施。4月1日付けで代表取締役社長に就任したシータン・キトニー氏が登壇し、日本におけるVisaの現状と今後の戦略について説明を行なった。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役社長のシータン・キトニー氏。

日本の決済市場においてVisaのタッチ決済が拡大中

Visaの直近の実績についてキトニー氏は、「ここ数年、日本の決済市場においては大きな比較を遂げてきた」と語る。その理由の1つは、Visaのタッチ決済の対応カードの発行枚数が直近4年で10倍に発展し、1億枚を突破したことだ。それらVisaのタッチ決済対応カードが公共交通機関で利用できる取り組みも広がり、現在、28都道府県で55のプロジェクトが展開されている(2023年12月現在)。

今年3月には三井住友カードと三井住友銀行が開発する総合金融サービス「Olive」のキャッシュカード一体型Visaカードにおいて、アプリ上でクレジット、デビッド、ポイント払い(プリペイド)を切り替えられる「フレキシブルペイ」を世界に先駆けて導入した。

加盟店サイドでも、スマホなどのデバイスが決済端末として利用できる「Tap to phone」を提供。企業のCO2排出量の算定にも、VisaのCO2排出量算定ソリューションを提供するなどの取り組みを行なう。

日本における直近の実績。

日本では2025年6月までにキャッシュレス決済比率40%の目標を掲げるが、その割合は2022年で36.0%まで拡大。コロナ禍でECサービスの利用も伸び、その市場規模は2021年度で23兆円にもなる。また、モバイル決済においてもその市場規模は11兆円に拡大し(2021年)、2025年までに30兆円に達すると予測されている。この市場規模の拡大と共に、Visaも大きく成長したい考えだ。

ここ数年の決済のトレンド。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。