小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【CES2024】ホンダがグローバル市場向けEVのコンセプトモデル「SALOON」「SPACE-HUB」を出展

2024.01.13

ホンダは、米国ネバダ州ラスベガス市で開催されているCES 2024において、2026年よりグローバル市場への投入を開始する新たなEV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」を発表するとともに、そのコンセプトモデルである「SALOON(サルーン)」、「SPACE-HUB(スペース ハブ)」、そして次世代EV向けの新「Hマーク」を世界初公開した。

Honda 0シリーズ コンセプトモデル「SPACE-HUB」

ホンダは、グローバルブランドスローガン「The Power of Dreams — How we move you.」を掲げ、取り組んでいる。

これは、ホンダの夢をかたちにした「時間や空間といったさまざまな制約から人を解放するモビリティ」や、「人の能力と可能性を拡張するモビリティ」により、より多くの人の夢の実現を後押しし、社会を前進させるための原動力となっていく、という思いが込められている。

またホンダは、2050年に同社の関わる全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを目指している。その実現に向け、四輪車においては2040年までにEV・FCEV販売比率をグローバルで100%とする目標を掲げ、電動化に取り組んでいる。

Honda 0シリーズ コンセプトモデル「SALOON」

Honda 0シリーズは、グローバルブランドスローガンや電動化方針のもと、大きく変革するホンダを象徴するEVシリーズとなる。

新たなEVシリーズの開発にあたり、「ホンダのクルマづくりの出発点に立ち返り、ゼロから全く新しいEVを創造していく」という決意が込められている。

ホンダがクルマづくりで大切にしてきた理念である「M・M思想(※)」と「操る喜び」、そして「自由な移動の喜び」をさらなる高みへと進化させることを目指す。

ホンダは、その第1弾となるモデルを、2026年より北米市場を皮切りに、日本、アジア、欧州、アフリカ・中東、南米と、グローバル各地域へ投入していくとしている。

※M・M思想:マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想。人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限にして、クルマのスペース効率を高めようとする、ホンダのクルマづくりの基本的な考え方

「0」に込めた思い

・ホンダの歴史:原点・出発点の「ゼロ」

「M・M思想」と「操る喜び」、そして「自由な移動の喜び」といった、これまで大切にしてきた今後も変わることのないホンダの原点に立ち返り、次世代のホンダとして新たな起点をつくる

・グローバルブランドスローガンの実践:「ゼロ」から創った価値で人の心を動かす
グローバルブランドスローガン「The Power of Dreams — How we move you.」のもと、常に「夢」を動機に、ゼロからの独創的な発想で新価値創造に取り組むことでユーザーにとっても新たな起点となる体験を提供し、人を動かし、心を動かしていく

・社会に向けた取り組み:「ゼロ」への決意

企業活動を含めたライフサイクルでの「環境負荷ゼロ」、ホンダの二輪・四輪が関与する「交通事故死者ゼロ」の達成に向けた決意

EV開発アプローチ「Thin, Light, and Wise」と5つのコアバリュー

Honda 0シリーズ コンセプトモデル「SPACE-HUB」

Honda 0シリーズの開発にあたり、「これからの時代にホンダが創りたいEVとは何か」を原点から見つめ直した。長い航続距離を確保するためのバッテリー搭載量の増加や、それを搭載するための車体やプラットフォームの大型化などによる、“厚くて重い” EVという制約から解放し、新たなEVの価値を創造することを目指す。この新たなEV開発アプローチを「Thin, Light, and Wise(薄い、軽い、賢い)」と表現している。

Thin:
フロア高を抑えた“薄い”EV専用プラットフォームにより、低全高のスタイルなどデザインの可能性を拡張するとともに、高い空力性能を実現していく

Light:
原点に立ち返って生み出した独自技術で、これまでのEVの定説を覆す軽快な走りと電費性能を実現していく

Wise:
これまで培ってきた知見と知能化技術の進化により、クルマそのものが賢くなる、ホンダ独自のソフトウェアデファインドモビリティを実現していく

この開発アプローチのもと、専用に開発したアーキテクチャーを軸に、「1.共鳴を呼ぶ芸術的なデザイン」、「2.安全・安心のAD/ADAS」、「3.IoT・コネクテッドによる新たな空間価値」、「4.人車一体の操る喜び」、「5.高い電費性能」という5つのコアバリューを提供していく。

【5つのコアバリュー】

1.共鳴を呼ぶ芸術的なデザイン

デザインコンセプトは「The Art of Resonance(ジ アート オブ レゾナンス)」。「環境、社会、ユーザーとの共鳴」をテーマに、見る者の共鳴を呼び起こし、暮らしの可能性を拡げるサステナブルなモビリティを提供する。

2.安全・安心のAD/ADAS

ホンダは、2021年に自動運転レベル3:条件付自動運転車(限定領域)に適合する先進技術を有する「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」を搭載した「LEGEND(レジェンド)」を発売し、自動運転レベル3を実用化。

ここで培った技術を世界中のユーザーに届けるため、Honda 0シリーズでは、Honda SENSING Eliteの技術を活用したADAS(先進運転支援システム)の採用に加え、2020年代後半には、AD(自動運転システム)を採用し、より多くのユーザーが手の届く自動運転車として展開していく。

この自動運転システムは、「人間中心」という哲学のもと培ったホンダの安全思想をベースに、AI、センシング、認識判断、ドライバーモニターといった知能化技術の進化により、人の感性に近い、自然で高精度な危険予測を可能とし、安全・安心な自動運転の実現を目指す。

これにより、高速道路における自動運転領域を拡大するとともに、現在、高速道路のみで使用可能なハンズオフ機能を、一般道でも一部利用可能とすることを目指し開発を進めている。

3.IoT・コネクテッドによる新たな空間価値

ホンダ独自のビークルOSを軸とするIoT・コネクテッド技術により「運転して楽しい、使って楽しい、繋がって楽しい」という価値の提供を目指す。AIやビッグデータの活用により、音楽などのユーザーの好みや運転中の行動傾向をクルマが学習し、さまざまな提案をする。

さらに、下車後から目的地までのラストワンマイルも、クルマが周辺情報や経路を教えてくれるなど、ユーザーの気持ちを理解するかのような価値を提案。使えば使うほどクルマとユーザーが親密になり、生活のさまざまな場面において「繋がる楽しさ」を提供する。

4.人車一体の操る喜び

ホンダ独自の電動化技術とダイナミクス技術により、軽快で、⼼も⾝体もクルマと⼀体になる⾼揚感を得られる次世代の操る喜びの提供を目指す。

また、Honda 0シリーズの低全高のスタイルに、モータースポーツで鍛え上げた空力技術を惜しみなく投入することで、空力性能、ダイナミクス性能、デザインを高次元で融合させる。

5.高い電費性能

ハイブリッド車の開発などで培った電動化技術をベースにエネルギー効率を突き詰め、高い電費性能を実現していく。具体的には、電気変換効率やパッケージングに優れたe-Axle(イーアクスル)、軽量で高密度なバッテリーパック、高い空力性能により、バッテリー搭載量を最小限にしながら充分な航続距離を目指す。

また、EVの普及において課題となる「充電時間」や「バッテリー劣化」への不安に対しても、ストレスフリーな充電性能と、長年使用しても性能劣化が少ない安心のバッテリー性能を提供する。

20年代後半に投入するHonda 0シリーズモデルでは、15%~80%急速充電時間を10~15分程度に短縮するとともに、100万台を超えるリチウムイオン電池搭載車の膨大な走行データをベースに培ったバッテリーシステム制御技術により、使用開始から10年後のバッテリー劣化率は10%以下を目指す。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。