小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バッファローが国内メーカーで初めてWi-Fi CERTIFIED 7を取得したWi-Fi 7対応ルーター「WXR18000BE10P」を発売

2024.01.13

バッファローは、Wi-Fi 7対応ルーター親機のフラッグシップモデルとして「WXR18000BE10P」を近日発売すると発表した。

従来の規格に比べて、最大通信速度や接続の安定性が向上したWi-Fi 7に対応!

「WXR18000BE10P」は、Wi-Fiの規格認証を行なう業界団体Wi-Fi Allianceの最新Wi-Fi規格認定プログラムである「Wi-Fi CERTIFIED 7」を国内メーカーで初めて取得した製品。アリオンのグループ本社であるAllion LabsとMediaTekとの共同の取組により「Wi-Fi CERTIFIED 7」の認証プログラムを完遂し、認証を取得することができたという。

なお、Wi-Fi 7は、Wi-Fi 6(6E)をベースに、通信効率や遅延が改善された新たな無線規格で、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers、米国電気電子学会)ではIEEE802.11beという規格で策定が進められており、Wi-Fi Allianceからは7番目の規格として案内された。

理論上の最大通信速度は36Gbpsで、Wi-Fi 6(6E)の最大通信速度9.6Gbpsと比較して約3.7倍の高速化を実現(※2)。また、Wi-Fi 7では無線通信で一度に利用できる6GHz帯の帯域幅が160MHz幅から320MHz幅に拡張され、従来に比べて2倍の通信速度が実現できる(※3)。

加えて、変調方式の改善により、一度に表現できる情報量が1024QAM(10bit)から4096QAM(12bit)に増加。これにより、通信速度が1.2倍に増加し、近距離通信時の通信効率が向上する。

さらに、新たに「MLO(Multi-Link Operation)」を利用することも可能。MLOで2.4GHz/5GHz/6GHzの周波数帯を複数同時に利用することで、通信容量の拡大、通信速度の向上が期待できるほか、干渉波を受けても影響のない通信帯域を利用し、遅延が起きにくくなるなど通信の安定化が期待できる(※2)。

※1 日本で創業した企業が製造および販売している家庭用Wi-Fiルーターとして。2024年1月9日時点、Wi-Fi Alliance Product Finderの確認に基づく。バッファロー調べ。
※2 同説明は、MLOの同時モード(MLMR:Multi-Link Multi-Radio)についてのもの。
※3 320MHz幅の通信は、6GHz帯のみ利用可能。

関連情報
https://www.buffalo.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。