小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日経平均がバブル後高値を更新、株高が継続するための条件とは?

2024.01.13

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジストの市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「日経平均はバブル後高値を更新~株高継続のカギを握る材料の整理」と題したマーケットレポートを公開した。レポートの詳細は以下の通り。

日経平均は昨日、バブル後高値を更新、株高継続のカギは企業業績、企業改革、賃金の動向

日経平均株価は1月9日、前週末比385円76銭(1.2%)高の33,763円18銭で取引を終え、昨年7月3日のバブル経済崩壊後の高値(終値ベース、33,753円33銭)を約6カ月ぶりに更新し、1990年3月以来、およそ33年10カ月ぶりの水準をつけた。本日の取引では節目の34,000円を超えてきており、今回のレポートでは、株高継続のカギを握る目先の材料を整理する。

昨年12月26日付レポートでは、2024年の日本株を見通す上で重要なポイントとして、「企業業績」、「企業改革」、「賃金」の3つをあげた。このうち「企業改革」に関し、来週15日に重要なイベントが予定されている(図表1)。東京証券取引所(以下、東証)はこの日、東証の要請に基づき資本効率改善などの取り組みを開示している企業の一覧表を公表する。

来週から東証要請への取り組みを開示する企業名が毎月公表、企業改革進展なら株高継続へ

東証は昨年8月29日、上場企業による取り組みの開示状況を公表したが、具体的な取り組みなどを開示した企業の割合は、プライム市場で20%、スタンダード市場では4%にとどまった(図表2)。来週15日に公表予定の一覧表には、証券コード、企業名、市場区分、業種、要請に基づく開示状況(開示済/検討中の別)、英文開示の有無、が掲載される見通しのため、開示がどの程度進展したかを確認することができる。

来週15日公表分は、2023年12月末時点のコーポレート・ガバナンス(CG)報告書の状況に基づいて集計が行われるが、一覧表はその後、各月末時点の状況に基づき、翌月15日を目途として毎月更新されることになる。これにより、国内外の投資家は企業改革の進展を毎月確認することができるようになり、企業の取り組み開示が着実に進展していけば、株高傾向が続く可能性は高まると思われる。

3月中旬の賃上げ傾向確認で日経平均は34,600円も、4月以降は来年度の業績予想に注目

東証が上場企業に要請した資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応や、その取り組みの開示は義務ではないが、要請に基づいて行動する企業は増加し、企業改革は進んでいくと思われる。そして3月中旬には、「賃金」に関する重要イベント、春闘の集中回答日が控えている。三井住友DSアセットマネジメントは2024年の平均賃上げ率について、昨年の3.58%を上回る4.0%を予想しており、株価には好材料と考える。

3つのポイントのうち、企業改革と賃金の改善傾向が早々に確認されれば、日経平均は1-3月期中にも、昨年11月13日付レポートで指摘した上値目途、34,600円近辺への到達が期待される。なお、4月下旬からは3月期決算企業の2023年度本決算が本格化する。残りの「企業業績」は、そこで企業が公表する2024年度の業績見通しが注目され、業績の底堅さが確認されれば、株高基調を支える方向に作用すると思われる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

新NISAで無理なく資産5000万円を貯める方法とは?

 いよいよ、2024年1月から新しいNISAがスタートしました。新しいNISAは、利用しないともったいないと言われる、資産運用をサポートする魅力的な制度。新NISAでは、年間の投資枠が大幅に増え、投資商品の非課税期間が無期限となります。

 また、非課税保有期間や口座開設期間の制限が緩和され、より柔軟な運用が期待できます。とはいえ、投資初心者にとっては、不安も多いはず。そこでDIME編集部ではDIME12月号にて、新NISAが気になっている方、本気で資産運用を始めたい方のために、無理なく資産を運用できる方法を、第一線で活躍している投資のスペシャリストたちに解説していただきました。また、特集では資産80億円を稼いでいる注目の投資家・テスタさんも登場。初心者のための「投資の鉄則5か条」を指南しています。

DIME12月号 価格790円(税込) 

購入する

電子版を購入する

定期購入する

試し読み

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。