小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

証券会社選びで重視することは?不満に感じていること、1位は「手数料」

2024.01.12

未曾有のインフレにより生活防衛意識が高まる中、投資・資産運用へ関心を寄せる人は増えていると言われる。投資活動をする上で仲介窓口となるのが証券会社だが、では投資家たちは、どんな基準で証券会社を選んでいるのだろうか?

ウィズはこのほど、全国の20代~60代の男女3000名を対象に「投資活動における証券会社選びに関する調査」を実施し、その結果を発表した。

自身で銘柄を選んで運用している人は27.1%

はじめに、現在の投資・資産運用の仕方について聞いたところ、「自身で個別銘柄を選び、こまめに入れ替え運用(10.5%)」、「自身で個別銘柄を以前選び放置したまま(10.0%)」、「自身で個別銘柄を選び、定期的に買い増している(6.6%)」、を合わせた『自身で銘柄を選んで運用している人』は27.1%と全体の約3割にのぼり、投資・資産運用している人だけで見たときには、その内73.6%にのぼる。

プロに運用を任せ(3.7%)たり、ロボアドバイザー(AI)に任せ(1.8%)ている人と比べると、圧倒的に多い状況だった。

ただ全体の62.8%は、投資・資産運用を行っていなく、資産所得倍増プランを成功に導くためには、より認知を高め、啓蒙していく必要があることがわかる。

店舗型の大手証券会社を利用している60代以上の割合は、他年代の3〜4倍

続いて、現在利用している証券会社について聞いたところ、全体では「ネット型の証券会社」が24.3%と、証券会社の口座を持っていない人を除くとトップで、年代による差はなかった。一方、店舗型の大手証券会社を利用している割合は、20代〜50代までは1桁前半から半ばなのに対し、60代以上は14.3%と高く、他年代の3〜4倍程度の方が利用していることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。