小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

歴史に残る逸話も!大谷翔平選手の愛犬として話題になった「コーイケルホンデイエ」ってどんな犬種?

2024.01.13

大谷翔平選手の犬として大注目されたコーイケルホンデイエのデコピン。MVP受賞の瞬間にハイタッチしていた姿が可愛いと、人気急上昇中だ。日本では珍しいこの犬種にまつわるエピソードを、紹介しよう。

オランダ独立の英雄の命を救った犬

コーイケルホンデイエはオランダの英雄、オラニエ公ウィレム(Willem van Orange:オレンジ公ウイリアム)と深い関係がある。彼はオランダ独立運動を指導し、1581年、独立を宣言して連邦共和国の初代総督ウィレム1世となった英雄で、沈着冷静で感情を表に表さない、寡黙な豪傑だったと伝えられている。

1572年、オラニエ公ウィレムはエルミニー近くの軍用テントで野営を行ったが、そこへスペインの襲撃者が忍び寄る。深夜に忍び寄る刺客に気づき、とっさに彼の命を救ったのが一頭の愛犬で、テントをひっかいてウイレムを起こし、命を救ったのである。

歴史作家のピーテル・ホーフト(Pieter Corneliszoon Hooft)は「オランダの歴史」の中でこの犬を、「Kooikerhondje(コーイケルホンデイエ)」と表した。Kooienは囲いという意味で、Kooikerは囲いにカモなどの水鳥をおびき寄せて捕まえる猟師を指す。Hondjesは犬という意味なので、カモ猟師の犬である。英語ではダッチ・デーコイ・スパニエルで、大谷選手のデコピンの名前の由来ともなっている。

絶滅から救った一人の女性貴族

コーイケルホンデイエはふさふさした尾を使って、上手にカモなどの水鳥を罠に追い込む猟犬として人気だったが、猟が衰退するにつれて、数を減らしてしまった。絶滅を救ったのがオランダの貴族で爵位をもったバロネス・ファン・ハルデンブローク・ファン・アマーストール(Baronesse van Hardenbroek van Ammerstol)だった。

アマーストール女史は幼い頃から犬が大好きで、「ほぼすべてのオランダの犬種に関係した」と言われるほど、たくさんの犬種を生み、育てた、優秀な犬のブリーダーだった。スタビュイ(スタビフーン)、パートリッジ、キースホンド、マルキーシェ、ダッチシェパードといった、今でも世界中で愛好されている犬種を作出し、育て、世に広めた実績をもつ。

オランダでは警察犬や盲導犬として大活躍中のダッチ・シェパード・ドッグ

1930年後半、オランダでほぼ姿を消したと考えられていたコーイケルホンデイエに興味をもったアマーストール女史は、一人の商人に「犬を探して欲しい」と依頼する。全国を歩き回り、多くの情報源をもつ商人は、オランダ北部(フリースラント州)で一頭の若い雌犬を見つけた。

美しいコーイケルホンデイエのトミーは、農夫の家族に深く愛されており、手放してはくれなかった。愛犬家の気持ちを理解していたアマーストール女史は、この犬種を絶滅させたくないと説得し、繁殖のために仔犬が欲しいと、協力を求めた。物資が不足していた当時、女史は飼い主の元へせっせと食品などを送った。

トミーは、農夫の元で元気な子犬を生み、4頭の子犬が女史の館へとやって来た。4頭は大切に育てられ、長い時間をかけて数を増やし、その中の一頭が大谷選手の元で今、幸せに暮らしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。