小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現金派とキャッシュレス派、毎月の貯金額が多いのはどっち?

2024.01.12PR

支払いがスピーディでポイントが貯まるなどのメリットがあり、利用者が増加しているキャッシュレス決済。一方で、現金派も根強く残っている。

そんな中、モデル百貨はこのほど、20代以上の男女1,000人を対象に「支払い方法の現金派とキャッシュレス派の現状」に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。

現金派38.9%に対しキャッシュレス派は61.1%!財布内の現金はキャッシュレス派が1,772円多い結果に

アンケートの結果、全年代の平均は現金派が38.9%でキャッシュレス派が61.1%となった。年代別に見ると、現金派の比率がもっとも高いのは30代の42.0%となった。

メインで利用している支払い方法は、現金派はもちろん現金となった。

一方のキャッシュレス派は「クレジットカード」「QRコード決済」のシェアが多いことがわかった。20代ではクレジットカードよりもQRコード決済の利用者が多いことも注目ポイントだ。

財布の中に入れている現金の平均は、現金派が12,677円でキャッシュレス派は14,449円という結果に。キャッシュレス派の方が現金派よりも1,772円多いことがわかった。

毎月貯金する額の平均は、現金派が23,918円でキャッシュレス派が31,470円となった。年代別に見ても、すべての年代でキャッシュレス派のほうが貯金額が多いということがわかった。

キャッシュレスの支払い方法が浸透する中、お年玉やおこづかいをキャッシュレスであげることについてはどのような意見があるのだろうか?

回答をまとめると、現金派の人の65%、キャッシュレス派の人の51%が反対という結果になった。両派から「子どものうちは現金でお金の管理を学んでほしい」という声が聞かれた。

<調査概要>
調査対象 :20代以上の男女1,000人
      【内訳:20代200人(男100人、女100人)、
          30代200人(男100人、女100人)、
          40代200人(男100人、女100人)、
          50代200人(男100人、女100人)、
          60代以上200人(男100人、女100人)】
調査地域 :全国
調査期間 :2023年8月23日~29日
調査主体 :MoneyGeek編集部
調査委託先:アイブリッジ株式会社

出典元:MoneyGeek(株式会社モデル百貨)

構成/こじへい

新NISAで無理なく資産5000万円を貯める方法とは?

 いよいよ、2024年1月から新しいNISAがスタートしました。新しいNISAは、利用しないともったいないと言われる、資産運用をサポートする魅力的な制度。新NISAでは、年間の投資枠が大幅に増え、投資商品の非課税期間が無期限となります。

 また、非課税保有期間や口座開設期間の制限が緩和され、より柔軟な運用が期待できます。とはいえ、投資初心者にとっては、不安も多いはず。そこでDIME編集部ではDIME12月号にて、新NISAが気になっている方、本気で資産運用を始めたい方のために、無理なく資産を運用できる方法を、第一線で活躍している投資のスペシャリストたちに解説していただきました。また、特集では資産80億円を稼いでいる注目の投資家・テスタさんも登場。初心者のための「投資の鉄則5か条」を指南しています。

DIME12月号 価格790円(税込) 

購入する

電子版を購入する

定期購入する

試し読み

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。