小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【東京オートサロン2024】ヤマハが小型低速EVの汎用プラットフォームを使用したプロトモデル7機種を出展

2024.01.09

ヤマハ発動機は、1月12日(金)から14日(日)まで、幕張メッセ(千葉県)で開催される「東京オートサロン2024」に初出展することを発表した。

同社では、小型低速EVの汎用プラットフォーム「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」の開発を行うとともに、領域を問わない幅広い活用アイデアや共創・協業パートナーの探索を進めている。東京オートサロンでは、”小さなEVを、社会を変える力に。”をテーマに、既存のパートナーと共に開発中のプロトモデル7機種を出展する。

この「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」は、1~2人乗りの低速パーソナルモビリティでの活用を想定したEVプラットフォーム。車体の複数連結やバッテリーの複数搭載など、用途によって仕様の変更が可能な高い自由度と汎用性が特長となる。

なおヤマハ発動機ブースでは、ジャパンモビリティショー2023に出展したROV(四輪バギー)「YXZ1000R(水素エンジン搭載)」や、12月8日発売の市販モーターサイクル「XSR125 ABS」の展示も行なうとしている。

主要出展モデル

■小型低速EV汎用プラットフォーム「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」

1~2人乗りの低速パーソナルモビリティでの活用を想定した、研究開発中の汎用プラットフォーム。ヤマハ製の電動モーターをパワーユニットに、バッテリーには「Honda Mobile Power Pack e:」を搭載する。車体の複数連結や、バッテリーの複数搭載など、目的によって変更可能な自由度の高さが特長。

■Concept 310(プロトモデル)

フィッシングボートを搭載するトレーラーの牽引など、マリンレジャー用途に特化した2人乗り電動ユーティリティモビリティ。オリジナルエアサスペンションの装備やスポーツシート等によるアメリカンカスタムに加え、小型軽量なe-Axleの搭載により高電費を実現。

共創パートナー:SKIPPER、(株)TOP

■Concept 580(プロトモデル)

畑地や不整地など、多様な路面環境での敏捷な移動性と、スマートな使い勝手を提供する2人乗り電動モビリティ。2人乗車を可能としながら、軽量・コンパクトな設計により優れた電費を実現。

■Concept 160(プロトモデル)

モビリティの枠を超えて、自由な魅力を纏ったミニマムサイズ の1人乗りオフロード電動モビリティ。ユニセックスかつ都会的なセンスに加え、自然を愛する気持ちや自由な心を表現したスタイリングが特長。各種機能を備えた発光 LED ストライブを装備する。

共創パートナー:Higraph Tokyo

■Concept451(プロトタイプ)

作業のパートナーにヤマハ発動機らしいエンジョイメントを採り入れ、農地/中山間地での簡単な作業をより軽快で楽しくする、力強さと機動力を併せ持つ1人乗り電動モビリティ。パワフルな動力性能で、農地や不整地での移動や牽引作業も行う。

共創パートナー:Final Aim Inc.

■Concept350(プロトタイプ)

風を切る爽快感が味わえるリゾート向け1人乗り電動モビリティ。スタイリッシュなデザインと卓越した操縦安定性に加え、十分な積載スペースによりリゾート施設内での自由な移動を実現。

共創パートナー:リゾートトラスト(株)

■Concept682(プロトタイプ)

乗る楽しさや所有する喜びを叶えつつ、自分好みのアレンジやカスタムにも応えるホースライド型の4輪駆動電動モビリティ。ヤマハモーターサイクルの系譜を感じさせるカラーリング、カスタムを容易に楽しむことのできるモジュラー構造が特長。

共創パートナー:ビブラント(株)

■Concept294(プロトタイプ)

都市生活における便利でスタイリッシュな移動手段として、幅広い年齢層の新たなライフスタイルにも応える近未来的都市型3輪パーソナル電動モビリティ。北欧風デザインに加え、リーン機能による走行性、IoTの融合による利便性などが特長。

共創パートナー:ソニーグループ(株)、二葉工業(株) 二葉家具

関連情報:https://www.yamaha-motor.co.jp/evplatform/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。