小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サイバー犯罪の脅威から身を守るには?2024年のサイバーセキュリティーに関する5つの予測

2024.01.08

消費者向けサイバーセーフティブランド「ノートン」から、2024年に起こり得るサイバー犯罪の脅威についての予測5選が発表された。

同社は、2024年はAI技術の進歩により高度に個々へパーソナライズされた脅威に対して、警戒を強める必要がある、とアナウンスしている。

2024年 Nortonサイバーセキュリティ予測5選

1. AIの進歩がサイバー犯罪の急増に拍車をかける

ノートンの専門家は、2024年はAIの能力が多様化する年と予測しており、サイバー犯罪はテキスト生成にとどまらず、テキストから動画やその他のマルチメディアを作成するツールを持つようになるだろうと述べている。

このような進歩により、特に頻繁に広告が目に入るショート動画などの動画メディアの場合、本当の録画動画と生成された動画を見分けることがより難しくなるだろうと予測される。

2. ソーシャル・エンジニアリングがより顕著になる

サイバー犯罪者は、人々の感情や脆弱性を操ることが、欲しい情報やものを手に入れる最善の方法だと認識している。

ノートンの専門家は、2024年にサイバー犯罪者はAIが生成したコンテンツをソーシャルメディア上で利用して、フェイクニュースや欺瞞的な広告、公人のディープフェイク、信頼できる人脈から発信されたように見せかけたダイレクトメッセージを広める、などの手口が増えると指摘している。

上記のようなソーシャル・エンジニアリング攻撃は、ソーシャルメディアだけでなく、サイバー犯罪者がAIを使用して上級幹部の声や外見を模倣するBCC(Business Communication Compromise)攻撃(以前はBEC(Business Email Compromise)攻撃と呼ばれていた)の進化に伴い、企業においてもさらに深刻化するだろうと予測できる。

3. 個人および企業に向けたデジタル恐喝は、より標的を絞るようになる

2024年には、ダークウェブ上でのデータの買い取りや、VPNインフラを悪用しデータを盗んだりする恐喝がより狡猾になると、ノートンの専門家は予測している。

さらに、クラウドインフラへの攻撃は大幅に増加し、リモートワークやクラウドベースの組織構造に大きな課題をもたらす可能性もある。

また、恐喝の手口も従来の暗号化だけでなく、犯罪者がセクストーションのような手法で人々や企業を恐喝するなどといった恐喝手法の進化が予測されている。

4. スパイや恐喝を行うモバイルアプリが増える

金融技術の進歩に伴い、即日融資のやり取りができるアプリ関連において悪質行為の増加が懸念されている。アプリでは迅速かつ、簡単に融資を受けられることができ、近年利用者からの人気が高まっている。

一方で確実に返済を回収するために、非倫理的な手法をとる悪徳金融業者も登場してきた。

このような背景から、ノートンの専門家は今後、モバイル機器をターゲットにした偽のチャットアプリ作成と配布が急増。一見何の問題もないように見えるインターフェースの中に暗号を盗むモジュールや、スパイウェアのモジュールを隠す可能性があると述べている。

5. 暗号通貨における脅威の高まり

暗号通貨の急速な進化は、サイバー犯罪者にとっても新たな機会を生む可能性がある。暗号通貨の非中央集権的な性質により、詐欺の逆探知や詐欺の検出がほとんど不可能だ。

ノートンの専門家は、サイバー犯罪者は暗号通貨取引所や相互運用プロトコルへの侵入や、急速に発展しているMaaS(Malware-as-a-Service)を使用したスマートコントラクトの悪用など、多くの手段を通じて暗号資産の所有者を標的にすると考えている。

進化するサイバー犯罪の脅威から身を守るために

■クリックする前に懐疑的になる

サイバー犯罪者は人気の企業や組織、人物に装うことがある。誰が実際に連絡をしてきているのか、よく調べる前にボタンやリンクをクリックしないように。

■パスワードの管理

パスワードを異なるアカウントで同じものを使用しないようにし、多様素認証を利用できる場合は利用する。ノートン パスワードマネージャーなどのツールは、安全で複雑なパスワードを生成・管理し、各アカウントに固有のパスワードを設定することで、パスワードの再利用による複数アカウントへの侵入を防ぐ。

■プライバシー、セキュリティ、アイデンティティの保護の徹底

個人情報の盗難・流出が増加し、手口が巧妙化している中、データ漏洩を警告するツールは不可欠。ノートン360では、Windows、Mac、スマートフォン、タブレットをオールインワンで保護し、Windows向けクラウドバックアップ、インターネット閲覧をプライベートに保つVPNを提供する。また、データが流出したことを検知するだけでなく、問題の修復をサポートしていく。

■コンピュータのみならずモバイルセキュリティも忘れずに

悪質なアプリが増加し、サイバー犯罪者が消費者をインターネット上であらゆる角度から追跡する手口も増えている。iOSおよびAndroidで利用可能なアバスト モバイルセキュリティなど、最新のモバイルセキュリティをスマートフォンにインストールしておきたい。

関連情報
https://jp.norton.com/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。